주요 기사 바로가기

安倍総裁夫人、居酒屋開店で“賛否両論”

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.10.23 09:29
0
安倍晋三日本自民党総裁(58)夫人の昭恵氏(50)の「居酒屋開店」をめぐり賛否論争が起きている。

昭恵氏は10日、東京の金融街の神田に「UZU」という名前の居酒屋を開店した。居酒屋とはいっても、洗練されたインテリアにカウンター5席と2人用テーブルが8つある10坪ほどの料理店に近い。

自由奔放な性格の昭恵氏は、数年前から国産の無添加食材料を使う居酒屋をオープンするために準備してきたという。夫の安倍総裁はこれを引き止めたが、昭恵氏の意志は変わらなかった。昭恵氏は自分で料理をしないが、ほぼ毎日店に出て客を接待している。

問題は、一部のメディアが「昭恵氏が店外で千鳥足の醜態を晒した」「総理夫人候補という国家にとって非常に重要な方が飲食店を経営し、時にはお酒に酔い、路上で酔態を見せることもある状況は、安全面などでいささか不安な点もある」などと強く非難している点だ。「週刊新潮」は昭恵氏が酒に酔ってふらつくような写真まで掲載した。

波紋が広がると、安倍総裁はフェイスブックで、「家内は故郷の山口県のコメと食材料を出す飲食店を作ろうということで、同僚と意気投合して開店した」とし「私と違い、家内はお酒を嗜み、時には酔うこともあるでしょう。そこを含めて愛するべきものと思っています」と鎮火に出た。

昭恵氏も「店で出た利益でミャンマーに学校を建てたい」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    安倍総裁夫人、居酒屋開店で“賛否両論”

    2012.10.23 09:29
    뉴스 메뉴 보기
    安倍晋三日本自民党総裁(58)夫人の昭恵氏(50)。
    TOP