주요 기사 바로가기

「強硬一辺倒路線の安倍晋三氏を防げるのは昭恵夫人だけ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.27 09:42
0
「安倍晋三氏の強硬一辺倒路線を防げる人は昭恵夫人(50)しかいない」。韓日外交関係者が26日、「安倍自民党総裁」の登場に懸念を表しながらも見せた共通の“期待感”は昭恵夫人だった。

昭恵夫人は「韓流ファン」として噂になっている。最近も韓国ドラマをよく見ているという。

ドラマ「冬のソナタ」に出演したパク・ヨンハ(2010年死去)の熱烈的なファンで、05年9月の韓国訪問当時、安倍首相夫妻はパク・ヨンハと一緒にゴルフをした。昭恵夫人は当時3人で撮った記念写真の夫の部分を切り取り、パク・ヨンハと自分の部分だけを額縁に入れて大切に保管しているという。安倍氏もこれを“容認”したという。

日本政界で安倍氏は愛妻家として有名だ。昭恵夫人は安倍氏が首相在任中、「私は韓国が大好き。日韓友好のために少しでも力になりたい」と公開的に発言した。07年6月には韓国文化体験行事で宮中料理を楽しみ、キムチを漬けたりもした。01年に東京新大久保駅で線路に落ちた飲酒者を助けようとして命を落とした李秀賢(イ・スヒョン)さんを追悼する映画(07年『あなたを忘れない』)を見て、「涙が止まらなかった。彼は私に多くのことを教えてくれた」という内容の文章をブログに載せた。ハングルも習い、あいさつ程度は韓国語で話す実力もある。

特に昭恵夫人は従来の日本ファーストレディーとは違い、政策面でも積極的に自分の考えを夫に伝えて説得するスタイルだ。昨年の福島第1原発事故後、「脱原発」に向かうべきだという主張を積極的にフェイスブックなどに載せて注目を集めた。昭恵夫人はファーストレディー時代の07年4月にも、夫の慰安婦問題発言(「慰安婦動員に狭義の強制性はなかった」)と関連し、CNNのインタビューで、「同じ女性として慰安婦の方々は本当にお気の毒だと思う」と所信を明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「強硬一辺倒路線の安倍晋三氏を防げるのは昭恵夫人だけ」

    2012.09.27 09:42
    뉴스 메뉴 보기
    06年10月、ミュージカル「冬のソナタ」東京公演の開幕日に劇場に姿を現した安倍昭恵夫人(写真=中央フォト)。
    TOP