주요 기사 바로가기

「通貨危機当時に韓国男性は公園に出勤していた…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.10.16 11:01
0
「1997年の通貨危機当時、韓国の金集め運動を覚えている。危機時はそれほどの結束力が必要だという教訓を得た」。

世界銀行のジム・ヨン・キム総裁が15日にソウル市内のホテルで開かれた記者会見でこのように話した。「韓国に学ばなければならない」というメッセージを改めて投げかけたのだ。キム総裁は韓国政府との協力案議論のためにこの日公式訪韓した。

キム総裁は貧困退治のためのキーワードとして雇用を掲げた。彼は「通貨危機の際に韓国の男性が家で解雇されたと話すこともできず、ネクタイを締めたまま公園に座っていたことが思い出される」と言及した。続けて、「雇用は単純な所得のためではない。人の自尊感に関連した問題だ」と話した。このため、雇用のために早く成長に戻り、民間部門で雇用を最大限早く、たくさん作らなければならないと主張した。

同時に教育の重要性も強調した。韓国政府が提供することにした9000万ドルの「韓国・世界銀行協力基金」を開発途上国の教育インフラ投資に使うという計画も明らかにした。北朝鮮を支援するかという質問には、「北朝鮮は世界銀行加盟国ではないので現在は公式的支援は難しい」と線を引いた。

環境問題に対する関心も表明した。キム総裁は、「地球温暖化は科学者の97%が合意した厳然たる現実。いますぐに行動に出なければ、私の3歳の息子が私の歳になった時は魚類資源枯渇、農作地減少で人類が脅威を受けるだろう」と話した。だが「世界銀行は持続可能エネルギーに焦点を合わせるが原子力には支援しない」と付け加えた。

一方、キム総裁はこの日午前、企画財政部の朴宰完(パク・ジェワン)長官と世界銀行韓国事務所設立に向けた覚書と韓国・世界銀行協力基金設立に向けた覚書を締結した。これにより、世界銀行は来年、韓国に地域事務所を開設する。通貨危機当時に国際通貨基金(IMF)が韓国に資金支援する過程で一時的にソウル事務所を置いたことはあるが、国際金融機関が正式に置かれるのは今回が初めてだ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「通貨危機当時に韓国男性は公園に出勤していた…」

    2012.10.16 11:01
    뉴스 메뉴 보기
    世界銀行のジム・ヨン・キム総裁。
    TOP