주요 기사 바로가기

村上春樹氏「領土紛争による韓日中文化圏の破壊を恐れる」

ⓒ 中央日報日本語版2012.09.28 15:57
0
ベストセラー作家の日本の村上春樹氏(63)が、最近の日中間の領土紛争について口を開いた。

村上氏は28日の朝日新聞への寄稿で、「日本政府の尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化で日本と中国の対立が深まっている中、日本関係の書籍が売り場から姿を消す事態になっているという報道にショックを感じている」とし「領土紛争が国境を越えて魂が行き来する道筋をふさいではならない」と強調した。

また「この20年ほどで、東アジアの文化交流は豊かになり、多くの文化的成果が国境を行き来することになった」とし「こうした文化の成熟が尖閣や独島(ドクト、日本名・竹島)をめぐる韓日中のあつれきで破壊されてしまうことを恐れている」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP