주요 기사 바로가기

【時論】精神的に貧しい大韓民国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.13 09:56
0
韓国の2010年度の自殺率が世界1位、経済協力開発機構(OECD)加盟国平均の2.6倍という。1年に1万5566人が自ら命を絶つ。この5年間に他の国では自殺が減っているのに韓国だけ増えた。最近では口にすることさえいやな性犯罪事件のニュースが相次ぐ。

社会が崩れている。人間性が喪失され、家庭が破壊されている。ところが為政者は経済指標にだけ埋没している。自殺事件が問題になるたびに政府とメディアは個人にその責任を転嫁する。いつもうつ病が、社会に対する理由のない怒りが問題という。そのうつ病と怒りの原因を提供した社会に対しては話さない。経済奇跡を成し遂げまもなく先進国に入るというのに国民はますます生きづらくなる。中産層はますます減り貧困層が増えている。

ますます物質万能の風潮は増している。世界のどの国よりブランド品が高く売れている。政府、企業、学校、家庭の別なくみんなが「競争力」を口にする。競争で勝ってさらに多くを所有しようという声だ。ドラマと広告は瞬間ごとに黄金万能の風潮を助長する。しかし現実では貧富の格差はますます激しくなり、相対的剥奪感はますます大きくなっている。ますます勝者は少数に狭まっている。その競争で負けた敗者はお金以外の人生の価値と意味がわからないので残ったものは自殺だけだ。ついに7年連続で自殺率金メダルの国になった。

英新経済財団(NEF)が3年ごとに国別の幸福指数を発表するが、毎回10位以内はコスタリカをはじめとする中南米の国が大部分を占める。貧しい国なので順位が高いのではない。アフリカの国はほとんどが下位だ。2012年に韓国は63位、米国は105位だ。韓国や米国でも人生の満足度が低いためだ。私の個人的経験と判断では中南米の人を幸せにする最も大きな要素は自足する人生の態度と円満な人間関係だ。彼らは概して先進国民に比べ深刻な競争に追いやられていない。隣人との関係がいわゆる先進社会より開放的で、家族間のきずながさらによく維持されている。キリスト教文化のおかげで物質的な欲求は相対的に減る。スペインの植民支配が残したアイロニーだ。
【時論】精神的に貧しい大韓民国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP