주요 기사 바로가기

アップルに負けたサムスン、米国での好感度は上昇

ⓒ 中央日報日本語版2012.09.11 11:37
0
米国で進行中のサムスンとアップルの特許訴訟戦での陪審員評決後、サムスン電子に対する米国人の好感度が非常に高くなったと調査された。

外信報道によると、世論調査機関のユーゴブが10日、18歳から34歳の米国人5000人を対象に調査した結果、陪審員評決直後にサムスン電子のイメージが落ち込んだが、この2週間でイメージが急速に上昇しアップルを追い抜いた。ユーゴブ側は、「陪審員評決当日に26点だったサムスン電子のスコアは8月末に12点まで落ちたが、アップルは同じ期間に33点から38点に上がり26点の差をつけた。しかし、サムスンがその後点数を急激に回復し、先週にはアップルを追い抜いた」と話した。

今回の調査はこの2週間に広告、ニュース、口コミを通じサムスン電子とアップルに接した時のブランドイメージに対する好感度を尋ねる方式で進行された。指数が100ポイントに近いほど好感度が高い。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP