주요 기사 바로가기

アップルへの批判相次ぐ…「サムスンの勝利がIT革新につながる」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.03 08:42
0
アップルが米国内での特許訴訟戦にサムスン電子の主力製品である携帯電話「ギャラクシーS3」と「ギャラクシーノート」を追加した。

アップルは先月31日、米カリフォルニア北部地裁にサムスン電子の「ギャラクシーS3」「ギャラクシーノート」とタブレットPCの「ギャラクシーノート10.1」が自社のユーザーインターフェース特許を侵害したとして提訴した。今回の提訴はアップルが2月に「ギャラクシーS2」を対象にしたユーザーインターフェース特許侵害訴訟の訴状を変更し、対象機器を追加する方式でなされた。先月24日に同裁判所陪審員がサムスン電子の「ギャラクシーS」がアップルのデザイン特許とユーザーインターフェース特許を侵害したと評決したこととは別個の事案だ。

アップルが前に出したユーザーインターフェース特許は、電子メールなどから電話番号とメールアドレスを探し、ワンタッチで電話をかけたりメールを発送する技術と、不在通話管理技術、画面をスライドしてロックを解除する技術など8種類だ。

アップルは今回はデザイン特許を主張しなかった。業界ではこれに対し、「サムスンの新製品のデザインは『iPhone』と違うということをアップルが自認したもの」という解釈が出ている。「ギャラクシーS3」は角の丸みが「iPhone」と明確に違い「ギャラクシーノート」は大きさから違う。2つの製品は発売当時アップルのデザイン特許による問題を避けられるよう設計されたという評価を受けた。

アップルが「ギャラクシーS3」などを提訴したのは、今月の「iPhone5」発売に向けた事前布石という観測が多い。「iPhone5」の強力な競争相手である「ギャラクシーS3」と「ギャラクシーノート10.1」の製品イメージに打撃を与えるための戦略ということだ。「ギャラクシーS3」は発売50日で世界で1000万台が売れ、今年初めに出た「ギャラクシーノート」も年内に世界販売が1000万台を超えると予想されている。サムスン電子はアップルの今回の提訴に対し、「製品対製品の競争ではなく訴訟を通じて消費者の選択を制限しようとするのは残念だ」との立場を明らかにした。
アップルへの批判相次ぐ…「サムスン첂勝利がIT革新につながる」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP