주요 기사 바로가기

「アップルも革新まねた模倣者」vs「サムスンの賠償額は多くない」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.09.04 08:49
0
サムスン電子とアップルの特許訴訟は、経営・法学・デザイン分野に「創意性とは何か」という話題を投げかけた。IT専門家だけでなく、法学教授、特許法弁護士、デザイン分野のコラムニストが海外メディアの紙面を通じ「デザインは創造なのか」「模倣は革新に有用なのか」「特許の境界はどこなのか」に対する討論を連日続けている。IT大企業2社の紛争が両社間の利害関係や業界の損益計算を超え学界に知的論争を呼び起こしたのだ。

米経済専門誌フォーブスには2日、「模倣は創意性にむしろ有益だ」というカル・ラウスティアラ教授とバージニア大学法学部クリス・スプリグマン教授の主張が載せられた。彼らは「コピー製品が流行周期を促進しファッション業界を生かす」という「著作権侵害逆説論」を展開してきた法律専門家だ。アップルとサムスンの訴訟をめぐる論争がデザインと経営全般に広がるとフォーブスが彼らの見解を紹介した。

2人の教授は「アップルもやはり多くの偉大な革新家をまねた連鎖模倣者」としてアップル創業者のスティーブ・ジョブズが1979年のゼロックス研究センターで見てきた技術を模倣しマッキントッシュコンピューターのグラフィックユーザーインターフェースを作ったことを例に挙げた。彼らは「ゼロックスはアップルに特許料を要求しなかったし、われわれもアップルのコピーを批判するつもりはない。模倣があるから現在のトレンドが押し出され新たな流れと需要が創出されるもの」と話した。アップルこそこのような「模倣を通じた革新」の最大の受恵者ということだ。

先月24日の米陪審員団の評決直後にはIT業界が先に反応した。この日米国のIT専門有名ブロガーのロバート・スコブルは自身のフェースブックに「10億ドルの賠償金はサムスンがアップルをコピーした代価にしては安い」と書いた。また、「サムスンが大きな会社になったのはRIM、ノキア、HTCより先にiPhoneをコピーしたため。今回の評決で革新家の地位を確かにしたアップルと違いサムスンは世界市場でそうした地位に上がることはできないだろう」と断言した。




「アップルも革新まねた模倣者」vs「サムスンの賠償額は多くない」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP