주요 기사 바로가기

アップル、「ギャラクシーS3」も特許訴訟

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2012.09.03 15:22
0
アップルがサムスン電子との特許侵害訴訟で、その対象を「ギャラクシーS3」など最新スマートフォンに拡大した。 米裁判所が判決でアップルに軍配を上げれば、サムスンはギャラクシーSなど過去のモデルはもちろん、最新機種まで米国で販売するのが難しくなる。 米国は世界スマートフォン市場の17%を占める。

ロイター・ブルームバーグ通信は1日(現地時間)、アップルが2月に米カリフォルニア州北部連邦地裁で起こした特許侵害訴訟の対象品目にギャラクシーS3、ギャラクシーノートなど最新スマートフォンを追加した、と伝えた。 アップルはまた特許侵害を受けたと主張する技術の範囲を多様なユーザーインターフェース(UI)機能にまで広めた。 ギャラクシーS3は6月に米国市場で発売された最新機種で、米最大移動通信会社ベライゾンが供給している。 アップルがギャラクシーネクサスなどを対象に特許訴訟を起こした2月当時、ギャラクシーS3は市販されていなかった。

アップルは今回の措置を通じて、サムスン電子との‘世紀的特許戦争’を加速する動きを見せている。 先月24日に米カリフォルニア北部連邦地裁の陪審員評決で完勝した勢いで、サムスン電子にさらなる圧力を加えようということだ。 まず販売差し止め対象製品に、今年8月まで米国で発売された最新機種も含まれた。 ギャラクシーS3、ギャラクシーノートはもちろん、ギャラクシーノート10.1、ギャラクシータブ7.0プラスなど、サムスンに大きな打撃を与える製品のほとんどが特許訴訟対象になった。

もっと大きな問題は特許訴訟の戦線を広めたという点だ。 従来は主に「角が丸い長方形」デザイン特許で圧力を加えたが、今回は多様なUI技術でソフトウェア(SW)全分野にわたり波状攻勢を始めた。 アップルが追加で主張した特許侵害技術は▽メールなどから電話番号・メールアドレスを探知し、タッチ1回で電話をかけたりメールを発送する技術(米国特許5946647)▽不在中通話管理技術(米国特許8014760)▽メーン画面で最近の入力または使用内容を表示する技術(米国特許5666502)▽画面を押してロック解除する技術(米国特許8046721)--など。

サムスン電子はギャラクシーS3やギャラクシーノートなど最新機種の場合、デザインではiPhoneと差が大きく、特許侵害の対象から除外されると内心期待していた。 最近の陪審員評決でも、ギャラクシーS3の前身のギャラクシーS2がアップルデザイン特許を侵害しなかったという結論が出てきた。 UI機能をはじめとするソフトウェア技術は、グーグルおよび通信会社などと協力して改善作業を検討中という。 陪審員評決でサムスンのスマートフォンとタブレットPCがアップルの一部のUI特許を侵害したという評決が出てきたからだ。

今回の最新機種とソフトウェア技術が追加された特許侵害訴訟の一審判決は、来年下半期に出ると業界は予想している。(中央SUNDAY 第286号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP