주요 기사 바로가기

3年ぶりに閣僚参拝、靖国前に極右派は気勢を上げる(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.16 10:56
0
午前10時。参拝路から100メートルほど離れた境内の能楽堂。約200人の市民が集まって平和の象徴である鳩を飛ばす行事を始めた。思想や理念とは関係なく「日本が再び戦争をすることなく、平和を追求することを確かめる会」だ。うれしい顔に会った。戦争で亡くなった兄を賛えるために50年以上毎年8月15日にこの行事に参加する吉田米津子さん(79)。

吉田さんは「日本の間違った戦争に対する真の反省は永遠の日本の宿題」と言い切った。また最近の韓国と日本の葛藤を意識したように「日本人の大多数は韓国と日本両国が反省することは反省して配慮することは配慮しながら真の隣人になるように願っている“普通の人”だという事実を韓国民にも知ってもらえたらうれしい」と話した。

平和祈願行事が終わった午前11時、黒い乗用車の列が続いた。与野党超党派で構成された「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」所属国会議員だ。今年の参席者は昨年の53人より少し増えた55人。燕尾服姿の羽田雄一郎国土交通相の姿もあった。参拝を終えて羽田大臣を古賀誠元自民党幹事長、衛藤征士郎衆議院副議長など自民党の右翼系議員が囲んだ。羽田民主党閣僚なのか、自民党右翼政治家なのか見分けがつかなかった。

午後1時ごろ、靖国神社境内が最高に騒々しかった。「右翼代表」である石原慎太郎東京都知事が姿を現したからだ。燕尾服姿の知事に数百人の参拝客が「石原!石原!」と連呼して歓呼した。韓国・日本の対立で最も位置づけが大きくなったのはやはり日本の右翼だった。


3年ぶりに閣僚参拝、靖国前に極右派は気ꢐを上げる(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP