주요 기사 바로가기

【コラム】T-ARAはT-ARA、ツイッターはツイッター(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.08.06 12:00
0
人気グループT-ARAをめぐる問題は拡散する一方だ。1週間にわたり報道機関とポータルサイトを熱くした。チーム最年少で後発メンバーのファヨンに対する“いじめ説”が飛び交う中、所属事務所がこれに対する明確な説明もなくファヨンの契約を解除したのだ。いじめの被害者とされたファヨンが脱退させられる形で整理されると、一部ネットユーザーは「T-ARAに真実を要求する集まり」を結成した。オフラインで抗議デモを行った。

T-ARA問題がこのように関心を呼んだのは、社会問題に飛び火した「いじめ」がK-POPの主要資産であるアイドルグループの間で起きチームの危機をもたらしたというところにある。専門家らはアイドルグループが自生的に結成されるのではなく企画事務所の計算により人為的に作られるため不和の素地が大きいと指摘する。

事実いじめまではいかなくてもチーム内の不和というものはアイドルグループだけでなく成人グループでもしばしば起きることだ。英国が誇るグループのオアシスは実の兄弟間の不仲から解散するに至った。オアシスの熱烈なファンであるサッカー選手のメッシが2010年のワールドカップ出場の際にオアシス再結成を願ってゴールを入れると話したりしたほどだ。

事実今回のT-ARA問題で最も異例な部分は、いじめ説が流れることになった契機がチームメンバーがSNSになにげなく残した書き込みというところにある。普通はこのようにチームを危機に陥れる不和説は芸能メディアの報道で知らされるが、これと違いメンバーがSNSに不和を暗示する書き込みをし、これをネットユーザーが「いじめ」へと組み立てたということだ。「いじめ」を立証する各種動画、写真もネットユーザーが探し出した。
【コラム】T-ARAはT-ARA、ツイッターはツイッター(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】T-ARAはT-ARA、ツイッターはツイッター(1)

    2012.08.06 12:00
    뉴스 메뉴 보기
    グループT-ARA。
    TOP