주요 기사 바로가기

日本とロシアの領土問題、動物で解決?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.07.31 09:51
0
日本から犬を贈られたロシアのプーチン大統領がシベリアのネコで返礼した。クリル列島(日本名・北方領土)をめぐる領土紛争を行っている日ロ両国が動物外交を行っている局面だ。

30日付の日本メディアによると、日本側は27日に秋田犬をプーチンに伝達した。日本の天然記念物である秋田犬は「忠犬ハチ公」でも広く知られた品種だ。動物愛護家として知られるプーチンの就任祝いとして秋田県の佐竹敬久知事が提案し、6月にメキシコで行われた主要20カ国(G20)首脳会議で野田佳彦首相がプーチン大統領に約束したのだ。生後3カ月のメスの子犬の名前は「ゆめ」だ。プーチン大統領が受け取るのに先立ち直接名前をつけた。28日にロシア南部ソチで日本の玄葉光一郎外相と会談したプーチン大統領は「暖かい気持ちをありがたく受け取った。佐竹知事はネコのほうが好きなようだ」として返礼としてシベリアのネコ一匹を送ると明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP