주요 기사 바로가기

KTX、韓国最長トンネルの中で1時間足止め

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.07.28 08:43
0
27日午後、ソウル発釜山(プサン)行きのKTX133号列車が韓国最長のクムジョントンネル(20.3キロ)の中で故障し、1時間ほど足止めされた。猛暑の中で、室内灯が落ちてエアコンまで止まり、乗客約560人は大きな不便を感じる一方、一部の乗客は失神したりもした。

事故列車はこの日午後1時、ソウル駅を出発して午後3時35分に釜山駅に到着する予定だった。しかし予定時間より少し遅れ、釜山駅にあと5分で到着という午後3時42分ごろ、クムジョントンネルの中で車両が急に止まった。午後4時50分に救援列車が牽引を開始して20分後に釜山駅に到着するまで、乗客は“サウナ列車”の中に閉じ込めらたままだった。暑さに疲労した一部の乗客は、釜山駅に到着した後に気を失い隣近の病院に運ばれた。

コレイル(韓国鉄道公社)は正確な事故原因を調査中だという。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP