주요 기사 바로가기

「アンドロイドの特許料請求する」オラクルがグーグルに宣戦布告(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.07.25 10:37
0
企業用ソフトウェア世界最大手の米オラクルのマーク・ハード社長は24日、アンドロイド基盤の移動通信機器に対し「技術使用料を請求する」と話した。

オラクルの未来事業戦略を紹介するために訪韓したハード社長は24日、ソウル市内のホテルで行われた記者懇談会で、「アンドロイドが使ったプログラミング言語のJAVAはオラクルが集中投資する核心ソフトウェアだ。使用料を払うよう要請するだろう」と明らかにした。サムスン電子や台湾HTCのように基本ソフト(OS)にアンドロイドを使うスマートフォンメーカーに技術料を要求するという意味だ。これまでオラクルはアンドロイド基盤のスマートフォンメーカーに対し技術料を取っていなかった。

オラクルは2009年に米サンマイクロシステムズを買収しJAVAの技術を確保した。その後オラクルはJAVA関連特許7件をグーグルが無断に使ったとして米国で10億ドルの損害賠償請求訴訟を起こした。

だが、米国の裁判所は先月、「アンドロイドは無料で配布されたJAVAの一部技術を利用しただけ」と主張したグーグルの手を上げ、オラクルは控訴する方針を定めた。初めての対決ではこのように敗北したが、ハード社長は24日の韓国での記者懇談会を通じグーグルだけでなくアンドロイドを活用するスマートフォンとタブレットPCメーカーにも特許権を主張するという意志を明らかにした。グーグルに再度宣戦布告をしたわけだ。

ハード社長はまた「この1年間で買収合併に60億ドルを使い、いまでも300億ドルの現金を保有している」として技術確保のための買収戦を継続する意向を示した。


「アンドロイドの特許料請求する」オラクルがグーグルに宣戦布告(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「アンドロイドの特許料請求する」オラクルがグーグルに宣戦布告(1)

    2012.07.25 10:37
    뉴스 메뉴 보기
    米オラクルのマーク・ハード社長。
    TOP