주요 기사 바로가기

「自衛隊で北を抑止」論文で物議 青瓦台企画官が辞意表明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.07.05 17:36
0
金泰孝(キム・テヒョ)青瓦台(チョンワデ、大統領府)対外戦略企画官が辞意を表明した。

パク・ジョンハ青瓦台報道官は5日午前、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結をめぐる問題と関連し、金泰孝対外戦略企画官が辞意を表明した、と明らかにした。

金対外戦略企画官は、日本自衛隊の軍事力で北朝鮮を抑止しようという内容の過去の論文が物議をかもし、野党から激しい攻勢を受けてきた。

これに先立ち朴用鎮(パク・ヨンジン)民主統合党報道官は5日、国会政論館を訪れ、「金泰孝の過去の論文が今回の韓日軍事情報協定外交惨事の理由を説明している」と批判した。

朴報道官は「日本の軍事力で北を抑制しようという彼の主張は、植民支配を受けた私たちが日本の軍国主義再武装の道を率先して開くのと変わらない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP