주요 기사 바로가기

BIGBANGの華麗な再起…上半期の音盤販売1位(1)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.06.15 16:00
0
グループBIGBANGが上半期の歌謡市場でオン・オフラインを席巻した。

BIGBANGは2月に発売したミニアルバム「Alive」とスペシャルエディション「Still Alive」で40万枚以上の音盤を販売し、1位を走っている。 音源市場でも威力を発揮した。 各ミニアルバムのタイトル曲「FANTASTIC BABY」と「MONSTER」をはじめ、アルバム収録曲全曲が音源チャートに入り、量的、質的ともに成功を収めた。 国内での人気を背にワールドツアーに乗り出すなど、海外市場でも急成長している。 メンバーのD-LITEとG-DRAGONがよくない事件にかかわり、一時はチーム危機説が浮上していただけに、BIGBANGの再起には大きな意味がある。

▽下半期のライバルは?

BIGBANGの音盤販売は現在の勢いなら50万枚を軽く超える見込みだ。 2月に発表された「Alive」(28万枚)と6月に発売された「Still Alive」(12万枚)の販売枚数は6月第1週基準で40万枚を超えた。 2位圏は少女時代の初ユニット「テティソ」やキム・ジュンスで12万枚ほど売れている。 1位と2位の差は30万枚に近い。 音盤流通のKMPホールディングスの関係者は「42万枚ほど出庫され、市場でほとんど消化された」とし「上半期の販売枚数はBIGBANGが断トツで1位。 50万枚は無難に超えると予想される」と伝えた。 続いて「7月にSUPER JUNIOR(スーパージュニア)が音盤を出す。 上半期にはBIGBANG、下半期にはSUPER JUNIORが音盤販売枚数で頭角を現し、今年の販売枚数1位を競うだろう」と語った。

音源も立派な成績だ。 「FANTASTIC BABY」「MONSTER」などアルバムタイトル曲が長期間にわたりチャート1位を維持したほか、アルバム収録曲「LOVE DUST」「BLUE」「BAD BOY」「AIN’T NO FUN」「FEELING」「EGO」「Still Alive」などがすべてチャート上位に入った。 今年の音源チャートに最も多くの曲が入った歌手もBIGBANGだ。 所属事務所YGエンターテイメント側は「アルバム収録曲の全曲をタイトル曲化した。 一曲を重点的に広報するのではなく、複数の曲をすべて放送で紹介した。 それだけアルバムのクオリティーに自信があった」とし「こうした努力が好評を受け、アルバムと音源の販売量でともに成果が出たと考えている」と伝えた。


BIGBANGの華麗な再起…上半期の音盤販売1位(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BIGBANGの華麗な再起…上半期の音盤販売1位(1)

    2012.06.15 16:00
    뉴스 메뉴 보기
    グループBIGBANG
    TOP