주요 기사 바로가기

BIGBANG「事件なければ解散してたかも…」 初めて心境告白

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.02.20 11:41
0
BIGBANG(ビッグバン)のG-DRAGON(ジードラゴン)とD-LITE(ディライト)が大麻事件と交通事故後の心境を放送で初めて語った。

20日に放送されるSBS(ソウル放送)「ヒーリングキャンプ」には、昨年、大麻事件と交通事故で厳しい時期を経験したBIGBANGが出演する。

メンバーらは「デビュー5年目に入って初心を失っていた。多くのアイドルと同じように‘5年目のジンクス’を経験した」と告白した。また「2011年を送りながら深く反省し、悟ることも多かった。メンバーの絆がさらに強くなった」と伝え、「今回の事件がなかったとすればBIGBANGは解散していたかもしれない」と打ち明けた。

この日、G-DRAGONは「大手芸能プロダクションをかばう警察の捜査」「遅い報道」「短い自粛期間」など、その間の批判や疑惑について率直に語った。D-LITEも交通事故発生当時の状況について初めて口を開き、親にも会えずに過ごした1週間の状況を慎重に話した。

放送は20日午後11時15分。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BIGBANG「事件なければ解散してたかも…」 初めて心境告白

    2012.02.20 11:41
    뉴스 메뉴 보기
    BIGBANG(ビッグバン)のG-DRAGON(ジードラゴン、写真=SBSキャプチャー)。
    TOP