주요 기사 바로가기

チュウォン主演「カクシタル」、先輩俳優をおさえて水木ドラマで首位

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.05.31 17:32
0
俳優チュウォンの初めての単独主演作「カクシタル」が水・木曜日の同時間帯ドラマ争いで首位に立ち、「視聴率競争の強者」であることを証明した。

「カクシタル」は30日の初回放送で、全国視聴率12.7%(AGBニールセンメディアリサーチ) を記録した。女優キム・ソナ流ロマンチックコメディーとして注目を集めているMBC(文化放送)「I DO I DO」は10.5%で2位に入った。ソ・ジソブが2年ぶりにドラマ復帰作として選んだSBS(ソウル放送)「幽霊」は7.6%で2作品の後を追う形となっている。

ドラマデビュー2年目の若手俳優のチュウォンが大先輩のキム・ソナとソ・ジソブを追い抜いた点が注目される。

 
これによりチュウォンは、視聴率40%台を記録し“国民ドラマ”になったドラマデビュー作「製パン王キム・タック」と36%台を越えた週末ドラマ「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」に続き、興行運に恵まれた俳優であることを立証した。演技力も好評を博した。「カクシタル」の第1話では、恵まれなかった過去の記憶から成功だけを見て、日帝の手先となったイ・ガント役を演じ、没入度の高い演技を見せた。普段のイメージとは異なり、野望みなぎる目つきで利己的な性格を繊細に演じ、「演技の幅を広げた」との評価を受けている。高難度のワイヤーアクションも無難にこなし、「不可能なものはない」という言葉も聞かれるほどだ。

ところでこのドラマは100億ウォン(約6億7000万円)台の制作費を投入した壮大なスケールのドラマとして、放送前から話題を集めた。日帝統治時代を背景とし、民衆の英雄カクシタルの活躍を描く設定のため、多くの韓流スターが出演を断った事実が明らかになり大きなイシューとなった。このためトップスターをキャスティングすることができず、「ライバル作に比べて注目度が下がるのでは」と心配する視線もあった。

「カクシタル」の関係者は「トップスターのキャスティングだけでドラマが成功する時代はもう終わった。コンテンツの質で勝負する予定だ。同時にチュウォンが『カクシタル』を契機にさらに成長する姿も見ることができるだろう」と説明した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    チュウォン主演「カクシタル」、先輩俳優をおさえて水木ドラマで首位

    2012.05.31 17:32
    뉴스 메뉴 보기
    ドラマ「カクシタル」に出演中の俳優のチュウォン。
    TOP