주요 기사 바로가기

<サッカー>「02W杯韓国代表vsKリーグオールスターは抜群のアイデア」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.26 12:30
0
7月5日にソウルワールドカップ競技場で、2002年ワールドカップ(W杯)メンバーと現在のKリーグオールスターが対戦する「2012Kリーグオールスター戦」が開催されることについて、崔竜洙(チェ・ヨンス)FCソウル監督は「意味深いイベントになりそうだ」と期待を表した。

25日に九里(クリ)GSチャンピオンパークで開かれた「FCソウルメディアデー」に出席した崔竜洙監督は、「オールスター戦に向けてどう準備するのか」という質問に対し、「まずは体づくりをしなければいけない。(引退後)こういう行事に出る度に、いつも体が言うことを聞かなかった」と話した。続いて「結果は期待しない。ただ、思い出の中の時間を一緒に過ごした先輩・後輩とまた一緒にできるということだけでも意味深い行事になると思う」と答えた。

今回のKリーグオールスター戦は、Kリーグ広報大使を務める安貞桓(アン・ジョンファン)名誉広報チーム長の提案で開催されることになった。安貞桓広報チーム長は21日、ソウル鍾路区(チョンノグ)サッカー会館で開かれた記者会見で、2002W杯10周年を迎えた中、過去の記憶を呼び起こしてK-リーグの熱気につなげようという趣旨で「2002メンバーと2012Kリーグのオールスターが一緒にするサッカー祭り」を提案した。現在アンジ・マハチカラ(ロシア)の監督を務めるヒディンク元韓国代表監督にも出席を要請する公文書を送った状況だ。

崔竜洙監督は「安貞桓チーム長の頭からこんな良いアイデアが出てきたというのに驚いた」という表現で過去の同僚を称えた。続いて「安チーム長は元々‘正しい生活の男’だ。人間的に本当に良い友人だが、こうした創意的な考えが安チーム長の頭から本当に出てきたのかは疑問だ。認められない」と言って笑った。

02年は崔竜洙監督にとって栄光の記憶として残っているが、悔やまれる瞬間もあった。02年6月10日に大邱(テグ)W杯競技場で行われた1次リーグ第2戦の米国戦。崔竜洙は試合終了直前、李乙容(イ・ウルヨン)のクロスからGKと1-1の状況でシュートを外し、非難の主人公になった。

この場面について崔竜洙監督は「確実に足を合わせたつもりだったが、一瞬遅れて(ボールが浮いて)悔やまれる瞬間だった。意欲が先立ったようだ。いいチャンスで本当に優れたゴールゲッターなら決めていなければいけなかったが…」と当時の状況を振り返った。崔竜洙監督は残念な表情を見せながらも、「いつも華麗なゴールを決められるわけではない。その場に立ったということに意味を置きたい」と語った。

2012Kリーグオールスター戦を控え、プロ連盟は6月初めに「TEAM2002」と「TEAM2012」のメンバーを発表する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>「02W杯韓国代表vsKリーグオールスターは抜群のアイデア」

    2012.05.26 12:30
    뉴스 메뉴 보기
    2002W杯で韓国代表としてプレーした崔竜洙(チェ・ヨンス)FCソウル監督
    TOP