주요 기사 바로가기

<サッカー>代表エントリー発表間近でも沈黙を続ける朴主永

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.16 10:12
0
朴主永(パク・ジュヨン、27、アーセナル)が論争の中心に立たされている。軍入隊延期波紋から代表チーム問題まで、世論は騒がしくなっている。しかし選手本人は身を隠し、堅く口を閉じている。

朴主永は今年初め、兵役関連問題で論争に巻き込まれた。昨年8月に元所属チームASモナコ(フランス)の協力を得てモナコ長期滞在権を取得し、軍入隊時期を遅らせていたことが明らかになったからだ。朴主永は満37歳の2022年12月31日まで、軍入隊時期を合法的に遅らせた。

17日に予定された2014ブラジルワールドカップ(W杯)アジア地域最終予選予備エントリー発表を控え、この部分が世論の俎上に載せられたのだ。韓国サッカー代表のチェ・ガンヒ監督が朴主永を抜てきする意向を表したからだ。チェ監督は朴主永に関する問題を知りながらも、実力と経験を高く評価し、選抜する方向で頭を悩ませている。自分の決定による内外の非難は自ら抱え込むと語った。

チェ監督の意向を受けて大韓サッカー協会も慌しく動き出した。朴主永側に15日ごろ公式記者会見を開くよう提案した。軍入隊を遅らせた過程とこの事実を公開しなかった理由についてファンに説明して理解を求め、今後の入隊時期を明らかにし、批判的な世論を収拾しようという趣旨だった。しかし朴主永はサッカー協会側にこれを拒否する意向を明らかにした。サッカー協会は再度考え直すよう要請したが、無回答で一貫した。むしろサッカー協会との連絡まで断った。

サッカー協会は朴主永の帰国日程さえも把握できていない。当初帰国予定日だった15日には「朴主永が午後に入国する」という噂が報道機関に広まり、取材陣が仁川(インチョン)国際空港の数カ所の入国ゲート場に分かれて待機した。しかし朴主永は姿を現さなかった。この日帰国したかどうかも確認されていない。

朴主永が釈明ではなく閉口を選択したことで、「朴主永を韓国代表に選ぶべきではない」という意見が強まっている。この主張には「国家代表に意欲を見せない選手が大韓民国の勝利のために最善を尽くすだろうか」という疑問が溶け込んでいる。非難を受けながらも弟子をかばったチェ・ガンヒ監督の配慮を朴主永が無礼に背を向けた、という批判もある。

多くのサッカー関係者は「兵役問題は大韓民国の国民なら誰もが敏感に反応するしかない。代表チーム選抜に関する論争を最小限に抑えるためには、予備エントリー発表の前に朴主永の記者会見が必ずなければならない」と話している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>代表エントリー発表間近でも沈黙を続ける朴主永

    2012.05.16 10:12
    뉴스 메뉴 보기
    朴主永(パク・ジュヨン、27、アーセナル)。
    TOP