주요 기사 바로가기

6月から蒸し暑い…7月にはたびたび豪雨=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.25 10:17
0
今春、早々と暑くなったのに続き、夏の暑さも例年より早く始まり豪雨も多そうだ。

24日、気象庁が発表した「夏の気象予報」によると、6月上旬と中旬には晴れて強い日差しにより地面が熱せられ気温が上がり焼けつくような暑さが続く。ただ湿度は低く、粘りつくような8月の暑さとは違うというのが気象庁の説明だ。

6月下旬には南部地方で雨量が多く、7月には中部と西海岸地方に雨がしばしば降ると気象庁は予報した。8月には高温多湿な北太平洋高気圧が拡張しながら蒸し暑さが始まり、大気の不安定によって局地的な豪雨もたびたび起こると見られる。台風は夏の間、韓半島に1~2回程度影響を及ぼす見通しだ。

気象庁のチョン・ジュンソク気象予測課長は「例年より雪がはやく溶けたモンゴル・ロシア地域の気温が平年より2~4度高い状態なので、韓半島の夏の気温を上げる役割をすると思われる」と述べた。一方、まだ残っているチベット高原の雪が真夏に溶け始めると、チベット高気圧が東に拡張して、北太平洋高気圧とぶつかって韓半島に多くの雨を降らせる可能性もある。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP