주요 기사 바로가기

早くも電力難…夏のブラックアウト懸念=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.05.11 10:17
0
2日、果川(クァチョン)知識経済部の電力産業課は慌しかった。初夏並みの暑さとなったこの日、午前から電力使用量が急激に増えたからだ。結局、韓国電力公社は大規模工場に節電を要請した。

この日、電力需要がピークとなった時間、予備電力は最小安定ライン(400万キロワット)に近い422万キロワットだった。緊急措置がなければ252万キロワットまで落ちたというのが知経部の計算だ。この日だけではない。9日と10日にも知経部は企業にピーク時間帯を避けて操業するよう要請した。真冬や真夏の懸念が5月初めに生じているのだ。

電力需要が最近増えたのは、例年よりも高い気温のためだ。さらに供給の減少が重なり、状況が悪化した。昨年のこの時期、電力供給能力は6900万キロワットだったが、最近は6400万キロワット水準だ。知経部のチェ・ヒョンギ電力産業課長は「今年新たに稼働する発電所はほとんどないうえ、冬にフル稼働していた発電所が最近、集中的に整備に入った影響」と説明した。

故障や事故で停止した発電所も多い。古里(コリ)原子力1号機は停電事故隠蔽事件が明らかになった3月から稼働が中断している。伝熱管に問題が生じた蔚珍(ウルチン)4号機は昨年9月から運転が停止した状態だ。

政府は相変わらず‘一時しのぎ’で対処している。10日、知経部は電力難を減らすため、発電所9基の整備期間を当初予定された5-6月ではなく秋に遅らせると明らかにした。チョ・ソク知経部次官は「整備が遅れれば故障が生じる確率は高まるおそれがあるが、当分はそうするしかない状況」と述べた。

今回の危機を乗り越えても、本格的な暑さが始まる夏が問題だ。電力当局のある関係者は「いかなる規制もない場合、この夏の電力需要は最大7700万キロワットに達すると推算している」と話した。これは全国の発電所がフル稼働する場合の最大供給量(7940万キロワット)に近い。100万キロワットの原発1基に問題が生じただけでも、直ちに「ブラックアウト(大停電)」危機となる。当分は節電しか解決策がない状況だ。

特に夏季の電力ピーク需要の21%を占める冷房用電気の使用を減らすことが重要だ。知経部はこの日、企業が休暇期間を8月中旬以降に分散させる場合、インセンティブを与えることを検討すると明らかにした。来週には主要サービス業種の代表と懇談会を開き、事務室の冷房温度を26度に維持するよう協調を求める予定だ。チョ次官は「状況が厳しくなれば強制措置も検討する予定」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    早くも電力難…夏のブラックアウト懸念=韓国

    2012.05.11 10:17
    뉴스 메뉴 보기
    初夏並みの暑さが続く中、冷房装置の使用が増え、電力難が懸念されている。10日、ソウル明洞(ミョンドン)の店がエアコンをつけたままドアを開けて営業している。
    TOP