주요 기사 바로가기

<サッカー>アーセナル朴主永、軍入隊10年延長の許可受ける

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.03.16 15:39
0
朴主永(パク・ジュヨン、28、アーセナル)が軍入隊を延期した。

朴主永側の代理人、法務法人DLSのイ・ソンヒ弁護士は16日、「朴主永の国外旅行期間延長の許可が下りたことで、国外の入営延期が許可された。“外国に居住すれば入隊を延期できる”という許可書の発給を受けた」と説明した。朴主永はモナコで2008年から2011年までの3年間、プレーした。イ弁護士は「モナコ王室が朴主永に10年の長期滞留資格を与えた。兵役法上、海外居住権があれば兵役は延ばすことができる」とし「「仁川・京幾地方の兵務庁が入隊延期を許可する公文を出した」と説明した。同法の効力は2022年12月31日まで有効だ。

1985年生まれの朴主永は、遅くとも満30歳になる2015年には警察庁に入隊して兵役義務を果たさなければならなかった。しかし今回の決定で、しばらく海外で活躍できるようになった。兵役法施行令第146条及び兵役義務者国外旅行業務処理規定第26条によると、「永住権制度のない国家で無期限の滞留資格または5年以上の長期在留資格を得て、その国家に1年以上居住した者は、37歳まで国外旅行期間延長の許可を受けることができる」と規定されている。モナコは永住権制度のない国家だ。朴主永側の内情に精通したある関係筋は「主永がオリンピックチームのワイルドカードに選ばれることも避けている。主永は必ず兵役を全うするという強い意志がある」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>アーセナル朴主永、軍入隊10年延長の許可受ける

    2012.03.16 15:39
    뉴스 메뉴 보기
    朴主永(パク・ジュヨン、28、アーセナル)。
    TOP