주요 기사 바로가기

<サッカー>朴主永は泣いて、李忠成は笑う…悲喜分かれた韓日の欧州組FW

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2012.02.27 14:06
0
2014ブラジルワールドカップ(W杯)アジア3次予選の最終戦を控えた週末、韓国と日本の欧州組FWの悲喜が分かれた。

韓国の看板FW朴主永(パク・ジュヨン、27、アーセナル)は27日(日本時間)、ロンドンで行われたイングランドプレミアリーグのトットナム戦に交代メンバーに含まれた。しかし最後までベンゲル監督の声はかからなかった。チームは5-2で大勝したが、朴主永に笑顔はなかった。

朴主永は昨年8月にアーセナルに入団して以来、リーグでは1試合の出場にとどまっている。ベンゲル監督は「1月にチャンスが与えられる」と話していたが、朴主永は1月のマンチェスター・ユナイテッド戦で7分間プレーしたのがすべてだった。最近リザーブ試合のノリッジ・シティ戦で1得点したが、内容はよくなかった。プレーの鋭さは見えなかった。韓国代表チームでの位置づけも揺れている。チェ・ガンヒ監督は朴主永を先発で起用するか、後半のジョーカーで活用するかについて悩んでいる。

オリンピック(五輪)代表チームとA代表チームを行き来しながら活躍した池東源(チ・ドンウォン、21、サンダーランド)はチーム内での立場を心配しなければならなくなった。池東源の獲得に力を注いだナイアル・クイン会長が最近、サンダーランドを離れた。昨年12月にブルース監督が解任されたのに続き、クイン会長までも去り、池東源は2人の支柱を失うことになった。池東源は26日のウェストブロミッチ戦(0-4負)で、サンダーランド移籍後初めて交代メンバーにも含まれなかった。池東源はチェ・ガンヒ監督の第1期代表チームからも外れた。

一方、日本代表のFWは欧州で活躍している。独シュツットガルトでプレーする岡崎慎司(26)は25日、フライブルク戦でチームの2点目となるゴールを決めた。今季7点目、3試合連続のゴール。シュツットガルトも4-1で大勝した。岡崎は19日のハノーバー戦(2-4負)ではオーバーヘッドで得点するなど最高のゴール感覚を誇っている。岡崎は試合後、「シーズン序盤は振るわなかったが、今はもう適応できたようだ」と自信を表した。

冬の移籍市場でイングランドチャンピオンシップ(2部リーグ)のサウサンプトンに移籍した李忠成(27)も欧州舞台に適応している。 李忠成は26日、アウエーのワトフォード戦(3-0勝G)で移籍後2回目の先発出場を果たした。 李忠成は後半27分、PKを引き出してチームの3点目をアシストした。 李忠成はダービー・カウンティとホーム試合でイングランドデビューゴールを決めたのに続き、2試合連続で攻撃ポイントをマークした。 サウサンプトンも18勝7敗8分けでチャンピオンシップ1位を守り、昇格の可能性を高めている。

一方、日本代表はすでに2014ブラジルワールドカップ(W杯)アジア最終予選進出を決めている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>朴主永は泣いて、李忠成は笑う…悲喜分かれた韓日の欧州組FW

    2012.02.27 14:06
    뉴스 메뉴 보기
    朴主永(パク・ジュヨン、27、アーセナル、左)と池東源(チ・ドンウォン、21、サンダーランド)。
    TOP