주요 기사 바로가기

サムスンとアップルのトップが法廷に…特許訴訟、合意で解決される可能性も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.19 10:08
0
特許訴訟を行っているサムスン電子の崔志成(チェ・ジソン)副会長とアップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が米国法廷で会うことになった。訴訟が進行中の米カリフォルニア北部裁判所がサムスン電子とアップルのCEOに直接交渉するよう命令したことを受けたもの。

AFP通信など外信が18日に報じたところによると、担当判事は「サムスン電子とアップルが裁判所の仲裁の下に訴訟外紛争解決(ADR)に参加するという意思を表明した」と明らかにした。裁判所の積極的な仲裁により両社が交渉のテーブルに就くことに合意したのだ。今回の交渉は双方のCEOと最高法律責任者が直接裁判所に出頭し行われ、交渉期間は90日だ。ADRは正式裁判に入るのに先立ち裁判と別に進行する商事仲裁制度だ。サムスンとアップルの訴訟は7月末に本裁判が始まる。

両社のトップが直接会って交渉をすることで相互に訴訟を提起し1年を超えた特許訴訟が合意で解決される可能性が大きくなったという分析が出ている。一方で両社が交渉に応じたが、自発的ではなく裁判所の命令によるものため交渉妥結を楽観ばかりはできないという観測もある。IT特許専門家のフローリアン・ミューラー氏は「裁判所は裁判当事者が会って話すようにすることはできるが、合意するよう強制することはできない」と話した。

実際にADRを通じて交渉をしても合意に失敗した事例がある。グーグルとオラクルは昨年類似の裁判所の命令を受けADR交渉を行ったが、結局今月16日から再び法廷闘争を行っている。サムスン電子関係者は「裁判に先立ち合意を薦めるのは一般的な手続きと理解している」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスンとアップルのトップが法廷に…特許訴訟、合意で解決される可能性も

    2012.04.19 10:08
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子の崔志成(チェ・ジソン)副会長とアップルのティム・クック最高経営責任者。
    TOP