주요 기사 바로가기

【コラム】ソニーはアップルから生きる道を学べ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.14 16:37
0
下り坂の日本ソニー。 平井一夫次期社長はこう自問するかもしれない。 「私にソニーの衰落を防げるのか」。

ソニーは通年で約29億ドルの損失が予想されると最近、明らかにした。 4年連続の大幅赤字だ。 日本のプライドだったソニーが「アップル全盛時代」になぜこのように低迷しているのか。 33年前にウォークマンという創造的な製品を出して一時代を風靡したソニーは現在、iPod、iPhone、iPadと続くアップルの「i-革命」を追うのに忙しい。 4月に就任する平井氏がハワード・ストリンガーCEOの失敗を挽回し、ソニーの栄華を取り戻すには、市場の流れを変えるほどの革新製品を出す必要がある。 平井氏はストリンガーができなかった3つのことをしなければならない。

一つ目、テレビ事業をリストラすることだ。 アップルはテレビ産業に参入する準備を終えた。 iPhone、iPad革命がアップルTVにつながれば、ソニーは競争相手になるだろうか。 昨年他界したスティーブ・ジョブズがiPodを出してから10年が過ぎたが、ソニーはまだ競えるほどの製品を出せていない。 ソニーがテレビ市場の敗北を認めて市場から撤収しなければならない時期なのかもしれない。 この場合、かつて世界を驚かせたソニーのデザイナーとエンジニアは、スマートフォンなど携帯メディア機器の後の新しい技術とデザインに集中できるかどうか分からない。

二つ目、日本経済が深刻に低迷する中、息を吹き返す道を見いださなければならない。 昨年は日本にとって特に暗鬱な年だった。 大地震と津波、タイ大洪水は日本企業を最悪の局面に追い込んだ。 輸出が直撃弾を受け、政界の無気力は経済を悪化させた。 内需もさらに減る見込みだ。 答えは海外市場にある。

最も好調な日本企業は自動車、テレビ、ロボットではなくユニクロだ。 中国で低費用で生産した衣類で世界ファストファッションをリードする。 日本の低成長と人口減少が続くことを認識し、早くから海外に飛び出して成功した。 ソニーはもう少し攻撃的になる必要がある。 どうすれば部品をもっと効率的に組み立てられるかを悩むより、新市場の開拓にもっと積極的でなければならない。

三つ目、ソニーのアイデアと創造性を取り戻す必要がある。 古くなったパラダイムを変えるべきだ。 ソニーを世界最高企業にした熱情と原動力を再生させなければならない。 変化を避ける企業文化には変化が求められる。 ソニーは才能と革新のDNAを持つ。 平井氏がやるべきことは、そのDNAを適切なところに置いてうまく活用することだ。

ウィリアム・ペセック・ジュニア/ブルームバーグコラムニスト

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP