주요 기사 바로가기

米国の韓国系女性弁護士、夫と女性職員に銃乱射後に自殺

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.12 11:59
0
米アトランタのコリアタウンで、ある女性弁護士が銃を乱射し、韓国系の2人が死亡し、1人が重体となった。

米ジョージア州グインネット郡シェリフ局によると、10日夜、ドゥルーズ・シルビア・チョン・ローファームの事務室で、シルビア・チョン弁護士(44)が夫のチョン・チェホンさん(45、米国名チャールズ・チョン)と韓国人女性1人を銃で撃った。夫のチョンさんはその場で死亡し、韓国人女性1人は重体となった。チョン弁護士は銃を持って出動した警察と向かい合うと、自分に銃を向けて自殺した。

警察は事件の状況について「シルビア・チョン弁護士が白のレクサスで、ローファームの駐車場にいたチョンさんと韓国人女性に近づいた。チョン弁護士は2人に向けて銃を撃った後、夫のチョンさんに自動車でぶつかった後、逃走した」と説明した。また「目撃者が警察に申告した後、チョン弁護士はすぐに自動車に乗って戻ってきた」とし「チョン弁護士は警察官と1分間ほど向き合った後に自殺した」と明らかにした。

チョン弁護士はアトランタのコリアタウンで、移民と交通事故の専門弁護士として活躍してきた。夫のチョンさんは妻のローファームで事務長として働き、韓国人女性もシルビア・チョン弁護士の事務室で勤めていた。この女性は事件後すぐに病院に運ばれたが、重体という。

事件の原因について、警察は「被害者チョン・チェホンさんは韓国人女性と過去に不適切な関係があったようだ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP