주요 기사 바로가기

アジアの格安航空会社の競争激化…韓国、市場拡大に積極的(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.04.02 10:14
0
アジアの格安航空会社のうち最大規模のエアアジア(マレーシア国籍)と2位のセブパシフィック(フィリピン国籍)はこの3年間で急成長した。エアアジアは2009年1430万人、2010年1610万人、2011年1800万人を輸送した。売上高は09年の1兆1611億ウォンから昨年は1兆6580億ウォンと2年間で43%増えた。セブパシフィックは09年に6159億ウォンだった売上高が昨年は8966億ウォンと36%増え、輸送客も876万人から1190万人へと36%増えた。

エアアジアやセブパシフィックは「規模の経済」を実現したのが成功の秘訣に挙げられる。セブパシフィックのゴコンウェイ最高経営責任者(CEO)は昨年ウォールストリートジャーナル(WSJ)とのインタビューで、「格安航空会社が増え、投入される飛行機も増えるのは、それだけ低価格戦略が重要になっているという意味。今後5-10年間は格安航空が大勢になるだろう」と述べた。

韓国の格安航空会社も最近、積極的に市場拡大に乗り出している。

 
05年に「元年メンバー」として事業に参入した済州(チェジュ)航空・エアプサン・ジンエアーの3社は昨年並んで黒字に転換した。韓国格安航空会社の国内線シェアは現在、半分に近い42%。格安航空会社は国内線市場のシェアを土台に、今年に入って国際線の拡張に乗り出している。

済州航空は先月、仁川-名古屋、仁川-福岡に新規就航(毎日)したのに続き、今月中に仁川-ホーチミン、仁川-青島路線に新たに航空機を投入する。エアプサンは先月中旬から釜山-青島路線を新設し、毎日運航中だ。ジンエアーは韓国航空会社では初めてラオスに定期路線を開いた。先月28日から仁川-ビエンチャン(ラオス)を週2回行き来する。後発会社のイースター航空とティーウェイ航空は最近、‘黄金路線’と呼ばれる金浦(キンポ)-台北松山路線の就航権を獲得した。今年中に就航する予定だ。

このように格安航空会社の路線拡張競争が加速し、さらに安い航空券が次々と登場している。各種プロモーションの特価航空券を入手できれば、国内旅行よりも安い価格で海外旅行が可能だ。済州航空のソン・ギョンフン・チーム長は「消費者としては格安航空会社の競争が激しくなるほど、より良い条件の航空券を確保できるだけに大きな利益になるだろう」と述べた。


アジアの格安航空会社の競争激化…韓国、市場拡大に積極的(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP