주요 기사 바로가기

【コラム】韓国「もう学ぶことはない」、自信はよいが…(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.19 17:36
0
今回、韓国に来てから文化関係者によく会う。 芸能、音楽、美術など世界的に韓国は良い成績を出している。 「かつてはフランスや日本から本を購入し、熱心に勉強した。 しかし最近の若い世代はそうではない。 自国のものが一番という自信がある」と話す韓国の文化界の幹部。 これに対し、日本の元老文化人が「自信はよいが、外国から学ぶ姿勢がどの世の中でも必要ではないだろうか」と問い返したが、返事は変わらなかった。 文化以外の分野でも時々「もう学ぶことはない」という雰囲気が見える。

80年代の日本は実にうまくいった時期だった。 自動車と金融、そして科学技術で、世界のトップに迫り、米国の不動産や文化産業を買収した。 90年代初めは開発途上国への支援額が米国を超えて世界1位になった。 米国の知識人は「冷戦でソ連に勝った。 しかし本当の勝者は日本ではないか」と語った。 広い米国全体の地価より日本の地価が高いと自慢げに話し、教育も米国式は間違っていると軽視した時期があった。

「私たちが一番だ。 外国から学ぶことはない」ということは、道徳的にも功利的にも良い処世術ではない。 その当時の日本の愚かさを韓国が繰り返すことはないだろう。 中国が日本を他山の石とするかはともかく、韓国に対しては楽観している。

東日本大震災から1年。 多くの韓国国民の温かい支援に改めて深い感謝の気持ちを伝えたい。 そのおかげで復旧および復興が進展している。 観光、留学を含めて、多くの方々が日本に来ていただければ何よりも大きな力になるだろう。 その点を合わせてお願いしたい。

◇道上尚史=1958年生まれ。 東京大学法学部卒。駐韓日本大使館参事官を経て、07-09年に駐中日本大使館公使を務めた後、今回また韓国に赴任した。
【コラム】韓国「もう学ぶことはない」、自信はよいが…(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP