주요 기사 바로가기

韓流アイドルの曲は意味不明の歌詞ばかり…「ひどすぎる!」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.05 10:03
0
以前の韓国歌謡には人生が込められていた。パティ・キム、チョ・ヨンピル、シム・スボンの歌まであえて遡らなくても、1990年代までも歌謡曲の歌詞にはひとつのストーリーがあった。チャジャンミョン(ジャージャーめん)を契機に母親に対する愛を歌ったG.O.Dの「お母さんへ」、人生の主人公は自身であることを叫ぶイム・サンアの「ミュージカル」などなど。

最近の歌謡界ではこうした意味深い情緒は期待しにくい。意味もわからない擬声語がリフレーンだけでなく歌全般で繰り返される。ハングル歌詞の間に英語を無理に挟んで入れたり、卑俗語を使ったりもする。若い世代の感覚に訴える「Fad」(一時的な流行)へ回すにはその程度が激しいという指摘が出ている。

#特定単語の繰り返し

最近ヒットしたT-ARA(ティアラ)の「Lovey Dovey」では、「Lovey Dovey」という表現が18回繰り返されリフレーンの大部分を占める。だが、前作「Bo Peep Bo Peep」に比べると良い方だ。この歌では「Bo Peep」が何と110回登場する。特にリフレーンにはハングルが最初から登場せず「Bo Peep」「oh」「ah」だけで構成される。

Secret(シークレット)の「Madonna」のリフレーンも「Madonna donna/Madonna donna donna/すべてがHot Hot/私のせいで私のせいで私のせいでHot Hot Hot」だ。

f(x)の「Hot Summer」では「Hot」が82回繰り返される。SISTER(シスター)の「So Cool」もまた「I feel so cool cool cool目を洗って探してみても/cool cool cool私ほどのgirlいないだろう」とリフレーンが構成される。SHINee(シャイニー)「Ring Ding Dong」のリフレーンはさらに難しい。「Ring Ding Dong Ring Ding Dong Ring Diggi Ding Diggi Ding Ding Ding」だ。

歌謡評論家のソン・ギチョル氏は、「数行の歌詞のために一生心に残る歌がある。最近は曲だけ中心になり、歌詞は付属的なものになる傾向があって残念だ」と話した。
韓流アイドルの曲は意味不明の歌詞ばかり…「ひどすぎる!」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓流アイドルの曲は意味不明の歌詞ばかり…「ひどすぎる!」(1)

    2012.03.05 10:03
    뉴스 메뉴 보기
    特定単語をリフレーンで繰り返すヒット曲をいくつも出しているT-ARA。代表的なものは「Bo Peep Bo Peep」「Roly-Poly」「Lovey Dovey」などがある。左からファヨン、ヒョミン、キュリ、ボラム、ソヨン、ジヨン、ウンジョン。
    TOP