주요 기사 바로가기

米国で通用した“逆発想”経営…現代車、今度は欧州で挑戦(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.03.07 11:53
0
「他人が減らす時は増やし、増やす時はむしろ内部を充実させた」。世界5大自動車メーカーに定着した現代(ヒョンデ)自動車グループの鄭夢九(チョン・モング)会長(74)について、業界関係者が述べた言葉だ。グローバル経済が揺れ動く状況でも、現代・起亜(キア)車が成長を続けてきたのは、鄭会長のリーダーシップが大きな役割を果たしたということだ。

08年の米国発金融危機で世界主要自動車メーカーが緊縮経営を選択した中、鄭会長はむしろ海外工場を増設し、攻撃的な経営に乗り出した。現代車が過去最大の実績を出し、世界全域のディーラーが「車をもっと供給してほしい」と注文した昨年初めは「今は内部を固める時期」として工場拡張要求に制約を加えた。

その鄭会長が今、危機を迎えている欧州に注目している。欧州の経済危機はすぐに消費の冷え込みにつながった。昨年の欧州自動車市場は前年比で1.3%減少し、今年1月の自動車販売台数も前年同月比で6.6%減った。

しかし現代・起亜車は昨年11%以上の販売増加で欧州市場のシェアが5%を超え、今年1月も前年同月比22.1%増でシェアを5.5%まで伸ばした。一部の企業が欧州での生産減少および中断を悩んでいる時、鄭会長は逆に「強攻」を選択した。

今年の欧州市場販売目標を現代車は前年比15.4%増の46万5000台、起亜車は22.8%増の35万6000台と設定した。鄭会長が自ら欧州に足を運んで激励している。鄭会長のジュネーブ行きはこうした雰囲気が反映されたものだ。

鄭会長は6日、専用機でスイスに向けて出国した。ジュネーブモーターショー訪問と欧州市場の点検のためだ。鄭会長はこの数年間、インド・ロシア・中国工場を訪れ、現場経営を行ってきた。

鄭会長の今回の欧州行きは、昨年9月の独フランクフルト欧州法人およびチェコ工場訪問以来6カ月ぶりとなる。金容煥(キム・ヨンファン)、ヤン・ウンチョン、辛鍾雲(シン・ジョンウン)、李炯根(イ・ヒョングン)副会長団が同行したが、鄭義宣(チョン・ウィソン)副会長の姿はなかった。
米国で通用した“逆発想”経営…現代車、今度は欧州で挑戦(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP