주요 기사 바로가기

外国人観光客のおかげで韓国の不動産市場に活気

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.14 11:07
0
ソウル西大門区(ソデムング)梨花(イファ)女子大の前に小さな店を持つイ・ギョンエさん(61)。最近、2年間の賃貸契約を更新し、賃貸料を200万ウォン(約14万円)から240万ウォンへと40万ウォン上げた。借り主も特に不満なく同意した。

他の場所では商売がうまくいかず、賃貸料を引き下げても賃借人が出て行くが、梨花大前は事情が違う。中国人観光客が集まっているからだ。この店の権利金は2年間で2000万ウォンから1億ウォンへと4倍に跳ね上がった。イさんは「高い学費のため大学生の客が減ったこの一帯の商圏は、中国人観光客が集まって活気を帯びている」と話した。

不動産市場で外国人が重要な客になっている。外国人が多いソウル竜山(ヨンサン)・南大門(ナムデムン)・東大門(トンデムン)の商店は不動産価格が上がり、高価なゴルフリゾートも中国人に大量に売れている。韓国国内に居住する外国人相手の住宅賃貸も活発だ。韓流ブームなどで韓国を訪れる外国人が増えて生じている現象だ。

行政安全部・韓国観光公社によると、昨年末基準で韓国に居住する外国人は126万人、昨年1年間に韓国を訪れた外国人観光客は979万人。年間1100万人が不動産市場に集まっているということだ。5年前の06年(669万人)に比べて64%も増えている。

外国人観光客は景気が低迷する商圏の活力素だ。ソウルの竜山と南大門・東大門市場、大学街の新村(シンチョン)・弘大(ホンデ)前などの商店の賃貸料と権利金は大きく上がった。

店舗ラインの調査によると、ソウルで商店街の賃貸料が最も大きく上がった地域は韓国で外国人が最も多く住んでいる竜山。1カ月の賃貸料が1年前の3.3平方メートル当たり5万5387ウォンから現在6万8789ウォンへと24%上がった。

中国人観光客による特需が生じている弘大前の商店の権利金は09年の314万ウォン(3.3平方メートル当たり)から2年間で333万ウォンに上がった。商店情報研究所のパク・テウォン所長は「最近は外国人観光客の足が新村・弘大など若者が多い地域に広がっている」と説明した。

高価なリゾートにも中国人観光客が集まっている。西海(ソヘ)総合建設が済州(チェジュ)翰林邑(ハンリンウプ)に建設したゴルフリゾート「アデンヒル」は契約者の90%が中国人だ。1戸当たりの分譲価格(単独型)は33億1000万-48億ウォンにのぼる。西海総合建設のキム・ヨンチュン会長は「韓国でゴルフなどレジャーを楽しもうとする中国人が国内レジャー施設に関心を見せている。中国人を対象にしたマーケティングを強化する」と述べた。

韓国に居住する外国人を対象にした住宅賃貸事業も活発だ。外国大使館の職員、大企業の外国人役員などが多いソウル梨泰院(イテウォン)や上岩洞(サンアムドン)、城北洞(ソンブクトン)などの外国人対象の賃貸料は保証金1000万ウォンに家賃は100万-300万ウォン。外国人勤労者が多い京畿道(キョンギド)の安山(アンサン)・始興(シフン)などでも賃貸事業が増えている。

上岩洞(サンアムドン)現代公認仲介所のキム・ガンホ社長は「外国人は1年分の家賃を一度に払うことが多い。最近は物件が出るとすぐに契約が決まる」と伝えた。国民銀行のパク・ウォンガプ首席不動産チーム長は「外国人の流入ペースが速まっていて、外国人関連の不動産市場がずっと大きくなると予想される」と述べた。

◇権利金=商店を借りる人が商店の所有者に支払う保証金・家賃のほか、その前に店を経営していた賃借人に別途に支払う費用。以前の賃借人が設置した施設や備品だけでなく、取引先・信用・営業ノウハウ・常連客など目に見えない財産価値を譲り受けることに対する一種の代価。しかし権利金は店舗運営者の間の慣行で、法的な根拠はなく、保護を受けられない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP