주요 기사 바로가기

日本電子メーカーが没落…「サムスンに世界市場奪われている」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.06 09:39
0
2008年4月1日、朝日新聞は「初芝電器産業は五洋電機と合併して誕生する初芝・五洋ホールディングスの初代社長に島耕作専務を選任した」というスクープ記事を載せた。島社長は実在の人物ではない。作家弘兼憲史が1983年に描き始め、これまでに3500万冊以上売れた漫画「島耕作シリーズ」の主人公だ。昨年発売された6巻で島社長は、「日本は外国から『ガラパゴスのような特異な国』という視線を受けている」と吐露した。すべての技術を日本標準にばかり固執し、世界市場で深刻に遅れをとっているということだ。彼は会社名を初芝から「TECOT」に変え、「海外市場開拓に力を集中し、韓国のソムサン・PG電子に追いつく」と乗り出した。ソムサンとPGはサムスンとLGがモデルだ。

だが、最近発表された日本の電子メーカーの業績を見ると、島社長のシワがさらに深くなりそうだ。初芝のモデルになったパナソニックは3日、2011年度に7800億円の純損失を記録するとの見通しを発表した。昨年10月に出した赤字予想額の4200億円を大幅に上回るもので過去最大規模だ。日本企業の年間赤字幅でも過去最大だ。これまで最大純損失は2008年度に日立が記録した7873億円だった。多くの日本メーカーは4月に始まり翌年3月に終わる会計年度を使っている。


日本電子メーカーが没落…「サムスンに世界市場奪われている」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP