주요 기사 바로가기

日本企業が苦戦する中、サムスン「4脚ポートフォリオ」の力(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.09 17:19
0
サムスン電子が「スマートフォンショック」を完全に乗り越えて史上最大の業績を挙げた。

サムスン電子は、昨年の第4四半期の売り上げ額が47兆ウォン(約3兆1300億円)、営業利益が5兆2000億ウォン(約3470億円)であることが暫定集計されたと6日発表した。分期の売り上げと営業利益がともに史上最大だった。このため、昨年1年間の総売上額は164兆7000億ウォン、営業利益は16兆1500億ウォンと暫定集計された。年間売上額も史上最大規模で、営業利得は2010年に引き続き2番目に多かった。2010年に続き、昨年も「売り上げ150兆ウォン-営業利得15兆ウォン」を果たしたと言える。2009年「100兆ウォン-10兆ウォン」クラブに初めて入ったあと、超高速成長だ。2007年6月、アップルのiPhone発売開始とともにぶつかったスマートフォンショックを、特有の集中力と充実した技術力で完全に乗り越えた。サムスン電子の役員は、iPhoneが初めて韓国で発売された2009年11月を忘れることができない。氷点下にも関わらず、徹夜で並んで製品の発売開始イベントを待つマニアたち、市販1週間で10万台の販売突破を記録。

当時、サムスン電子はフィーチャーフォン(一般の携帯電話)が主力製品だった。サムスン電子はすべての力を振り絞って、2010年Google社のアンドロイドOS(オペレーションシステム)を搭載したスマートホン「ギャラクシーS」を出した。ギャラクシーS2も世に送り出し、昨年第3四半期のサムスン電子は遂に世界1位のスマートフォン販売メーカーになった。米調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)社によると、第4四半期でもサムスン(3810万台)がアップル(2800万台)を追い抜き、昨年全体ではサムスンが9900万台を販売する一方、アップルは8400万台に留まっている。ウォールストリートでは、昨年サムスン電子の営業利益の半分にあたる約8兆ウォンが、スマートホンが属する無線事業部から出たと見ている。サムスン電子は、現在、事業部門別営業利益は明らかにしていない。
日本企業が苦戦する中、サムスン「4脚ポートフォリオ」の力(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP