주요 기사 바로가기

韓国の大手アパレルがLAドジャースの買収推進(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.02.01 11:16
0
イーランドグループの朴聖秀(パク・ソンス)会長がとどまるところのない買収合併(M&A)の動きを見せている。2004年にニューコア、2006年にはハイラコンドを買収してグループの規模を拡大し、昨年末には世紀の女優エリザベス・テイラーの33.19カラットのダイヤモンドの指輪を881万8500ドルで落札し世界に話題を呼んだ。今回はピーター・オマリー前LAドジャースオーナーとコンソーシアムを組んで米大リーグの名門球団LAドジャースの買収戦(予想価格1兆7000億ウォン)に参入した。

これだけではない。イーランドによれば朴会長はグループ内部に「最近の世界経済危機は安く身売りされる大型企業をM&Aする機会」として適切な対象がないか徹底的に調べるよう指示した。イーランドが30年余り前にソウル梨花(イファ)女子大学前で小さな衣料品店から始まったことを考えればそれこそ隔世の感がある。

光州(クァンジュ)一高を出た朴会長はソウル大学建築工学科を卒業するころ、「筋無力症」という難病にかかった。全身から力が抜ける病気だ。数年間の闘病の末に完治はしたが就職する機会を逃した。そこで始めたのが梨大前の衣料品店「イングランド」だった。

商売がうまくいきファッション事業に手を広げた。ブレンターノ、ハント、アンダーウッドなど出すブランドはほとんどすべてヒットした。93年にブランド販売加盟店が2000店を超えた。

事業が大きくなりM&Aに目を向けた。96年に雪岳山(ソラクサン)のケンシントンホテル(旧ニュー雪岳ホテル)を買収したのが最初だった。その後ハイラコンド、ニューコア、韓国コンド(2009年)、友邦(ウバン)ランド(2010年)を相次いで買収した。今年1月下旬には双竜(サンヨン)建設買収意向書を提出した。海外M&Aにも積極的だ。昨年はイタリアのブランドのマンダリナダックを買収し、今年初めにはサイパンのPICリゾート買収本契約を結んだ。

イーランドグループによればこうしたM&Aは「成長機会を逃すな」という朴会長の持論によるものだ。

イーランドのM&Aにはまた徹底した原則がある。まず財務構造に無理を与えてはいけないという点だ。イーランドはファッションや流通のような「現金商売」で稼いだ収益を基にM&Aをしている。最近になって活発なM&Aもやはり実弾が豊富で財務に無理がないというのがイーランドの説明だ。イーランドグループは昨年の営業利益が5500億ウォン(約372億円)に達する。ここに2006年韓国カルフールを1兆7500億ウォンで買収して2年後にホームプラスに2兆3000億ウォンで売却して5500億ウォンの差益を残し、昨年末にはキムスクラブマートを2000億ウォンで売却して現金を確保した。


韓国の大手アパレルがLAドジャースの買収推進(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の大手アパレルがLAドジャースの買収推進(1)

    2012.02.01 11:16
    뉴스 메뉴 보기
    イーランドグループの朴聖秀(パク・ソンス)会長。
    TOP