주요 기사 바로가기

コピー天国・中国に韓国のセウカンのパクリも登場(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.17 15:46
0
1/3
偽物「エニーコール」(インターネット掲示板)。
先月イーランドは、自社のコピー商品を販売した中国大手インターネットショッピングモールを相手取り6年前に起こした訴訟で勝訴した。

イーランドは17年前、中国に進出し、女性服市場で売上2位に入るなどブランド認知度が高い。中国人がこれを黙って見ているはずはなかった。 コピー商品が登場した。 中国人の杜氏がイーランドの人気ブランド「Teenie Weenie」と「イーランド」の摸造商品をショッピングモール「淘宝」で正規商品価格の1-2割ほどの価格で販売して利益を得た。

淘宝は世界最大電子商取引企業「阿里巴巴(アリババ)」の子会社。 今年3月に米通商代表部(USTR)が発表した「悪名高いマーケット(notorious markets)」に2年連続で分類されるほどコピー商品が多いショッピングモールだ。 コピー商品で世界最大になった「著作権無概念企業」ということだ。

イーランド側は淘宝に対し、杜氏の違法商品情報を削除し、販売代金支払い用の口座の凍結を要求した。 予想通り淘宝はこれを拒否した。イーランドは結局、「ショッピングモールがコピー商品の販売を容認した」として、淘宝を相手に訴訟を起こした。 そして6年が経過した。 淘宝は利益を得るだけ得た。 先月25日に判決が出た。 上海第1中級裁判所は権利侵害を認めた。

裁判所は「淘宝はイーランドの権益を侵害した事実を知りながらも実質的効果がある措置を取らず、結局、杜氏の不法行為を助けた。 共同権利侵害行為であり、共同責任を取らなければならない」と明らかにした。 6年続いたコピー商品戦争はこのように終わった。

中国が有名ブランドや商標などをコピーするのは昨今のことではない。 中国で違法模造品は「山寨(さんさい)」と呼ばれる。 むかし盗賊が立てこもった巣窟という意味だ。 営業許可なく深い山の中に隠れて模造品を印刷するということに由来する。
コピー天国・中国に韓国のセウカンのパクリも登場(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP