주요 기사 바로가기

【噴水台】ユダヤ人と韓国人…教育熱は同じでも結果が違う理由(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.20 14:44
0
ユダヤ人は13歳になると「バル・ミツワー(Bar Mitzvah)」という成人式を行う。 親がこのために資金を貯蓄しておくほど、ユダヤ人にとって重要な儀式だ。 親だけでなく多くの親戚や知人が出席して祝う。

この日、親と賀客は聖書と腕時計、祝儀を渡す。 聖書は宗教的に信実な人間になれという意味で、時計は時間の大切さを胸に刻めという意味だ。 実質的に重要な意味を持つのは祝儀だが、その重要性ほど規模も大きいという。 中産階級の場合は軽く5000万ウォン(約360万円)を出す。

このお金はそのまま銀行に入るが、子どもが学業を終えて独立する時に初めて使われる。 その頃にはすでに2倍近くに増えた状態となる。 親の元を離れる名目上の独立だけでなく、経済的に完壁な一人立ちを可能にする元金になるのだ。

バル・ミツワーにはもう一つの行事がある。 事前に与えられた問題の解答を主人公が賀客の前で発表する。 アインシュタインがバル・ミツワーで受けた質問はこういうものだという。 「誰もいない森の中で大きな木が倒れた。 音が出るのか、それとも出ないのか」。誰も聞くことができない音が果たして音かという哲学的な質問だ。 成人として認められるには独創的な回答をしなければならない。 ユダヤ人の驚くべき生存力と創意力はこうしたシステムから出てくる。
【噴水台】ユダヤ人と韓国人…教育熱は同じでも結果が違う理由(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP