주요 기사 바로가기

電気自動車量産時代、韓国でも幕開け(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.01.03 11:54
0
2012年壬辰年は電気自動車が‘龍’のように街中を疾走する元年だ。ルノーサムスン自動車の準中型高速電気自動車「SM3 Z.E.」が政府への納品を準備中で、続いて起亜(キア)車「レイEV」も政府など公共機関への販売を始め、民間にまで市場を拡大する計画だ。

2010年に起亜車が高速電気自動車「ブルーオン(BuleOn)」を公共機関に納品したのが最初だが、これは250台の限定生産だった。それ以前はゴルフ場のカート水準の低速電気自動車を見かける程度だった。

実際12月22日に公開された起亜車「レイEV」は、量産を目的に開発された最初の電気自動車。ヤン・ウンチョル研究開発担当副会長は「今回のレイEVは、電気自動車のための部品を国産化してモジュール化し、一般車両のように工場生産ラインで車を生産できる」と述べた。

起亜車は今年末までに2500台の「レイEV」を生産し、政府および公共機関を中心に普及させる予定だ。「レイEV」は、従来のボックスカー「レイ」に50kWの電気モーターと16.4kWhリチウムイオンバッテリーを搭載した高速電気自動車。一般的に高速電気自動車は時速100キロ以上で走る車をいう。「レイEV」の最高時速は130キロ。一度の充電で139キロ走行できる。

内部便宜装置のうち電気自動車用充電所案内ナビゲーション(AVNシステム)が目を引く。バッテリーの充電状態が分かり、エアコンやヒーターなどをつけると消耗する電力量を表示する。付近の充電所との距離や目的地周辺にいくつの充電所があるかを示し、運転手の心配を減らした。

民間に電気自動車を販売するためには電気自動車の充電所などインフラ不足が限界として作用している。一次的に政府と公共機関を中心に電気自動車用充電所を設置するという計画だ。

起亜車のイ・ギサン環境車システム開発室長は「放送の発電車のように電気自動車を充電できる車1台を開発した。京仁(キョンイン=ソウル・仁川)地域の場合、路上で車が止まれば充電を助ける予定だが、全国的にインフラを構築するには時間がかかるだろう」と述べた。

電気自動車の購入を促進する目的で、知識経済部は最近、税制支援を用意した。電気自動車に対する税制支援は項目別に上限額が存在する。個別消費税の場合200万ウォン、教育税は60万ウォン、取得税は140万ウォンと減免額上限線がそれぞれ存在し、公債の購入は10%の割引率(20万ウォン)が適用される。
電気自動車量産時代、韓国でも幕開け(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    電気自動車量産時代、韓国でも幕開け(1)

    2012.01.03 11:54
    뉴스 메뉴 보기
    昨年12月に公開された起亜(キア)車「レイ(RAY)EV」(電気自動車)は、今年末までに2500台が生産され、韓国政府・公共機関を中心に普及させる予定。一度の充電で139キロを走る。
    TOP