주요 기사 바로가기

<野球>朴賛浩、ハンファと最低年俸2400万ウォンで契約…なぜ?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.12.20 10:46
0
1/2
20日、韓国プロ野球ハンファと入団契約を交わした朴賛浩(パク・チャンホ、左)。
韓国プロ野球ハンファの朴賛浩(パク・チャンホ)が2012年、新人と同じ「年俸2400万ウォン(約160万円)」で契約した。これは韓国野球委員会(KBO)に提出する「契約書上の金額」だ。

朴賛浩は最大6億ウォン(年俸4億ウォン・オプション2億ウォン)を受けられる。しかし朴賛浩は年俸全額を野球発展基金として出すことにした。公開しても全く問題にならない「裏面契約」はこのように完成された。

ハンファ球団側は20日、「朴賛浩と年俸2400万ウォンで入団契約した。球団との最初の対話で、年俸契約に関するすべてのことを球団に委任し、年俸およびオプション全額は本人が受領せず、球団が幼少年およびアマチュア野球発展のために寄付することにした」と明らかにした。

ハンファは13日、KBO理事会で「朴賛浩特別法」を通過させるのに成功したことで、朴賛浩は来年から韓国プロ野球のマウンドに立てることになった。

朴賛浩は19日、盧載徳(ノ・ジェドク)ハンファ団長(47)と会った席で、「私が受けられる年俸全額を野球発展基金に出す」という考えを明らかにした。盧団長は「朴賛浩が意味のあることをしようとしている。当初考えていた金額があったが、1億ウォンほどさらに上げるべきではないか」と述べた。

この日午後、ハンファ実務陣は朴賛浩の年俸水準を総額6億ウォンに決めた。保障年俸4億ウォンにオプション2億ウォンを加えた。当初考えていた最大5億ウォンに1億ウォンを上乗せした金額だ。

しかしKBOに提出する金額はプロ野球最低年俸の2400万ウォン。ハンファの関係者は「いろいろな意味がある。選手として登録するための最小限の年俸だ。新人の気持ちでやるという意志を表す金額と見ればいい。実際に朴賛浩が受領する金額がないということも表している」と説明した。

この関係者は「朴賛浩を迎えることでハンファは他球団に借りを作った。返す方法を悩んでいたが、朴賛浩が自分の年俸を野球発展基金に出すと伝えてきたことで、意外に簡単に解決方法が出た」と語った。

朴賛浩は2400万ウォンも受けない。ハンファから受ける費用全額を野球発展基金として使う。具体的な使い道は今後、球団と朴賛浩が相談する予定だ。

朴賛浩は球団を通して「韓国舞台で野球人生を終えられるように最善を尽くしてくださった野球関係者の皆様に感謝している。韓国野球の発展のために残りの期間を送る計画であり、野球の未来の卵がよりよい環境で野球に専念できるように支援していきたい。日本での1年間に多くのことを学び、その経験が韓国でプロ野球選手生活をするうえで大きく役立つと思っている。チームワークに最も多くの気を配って、ハンファのポストシーズン進出のために最善を尽くしたい」と所感を明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP