주요 기사 바로가기

<中国の違法操業>中国船長、防刃チョッキの保護ない横腹を刺す(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.13 09:39
0
仁川海洋警察はイ警長の負傷がひどいという報告を受け、仁川永宗島(ヨンジョンド)基地にあったヘリコプターを直ちに出動させた。午前8時30分にヘリコプターが3005艦に着陸した後、海洋警察が負傷した警察隊員2人と中国人船長の3人を乗せて、午前9時40分に仁川仁荷(イナ)大病院に到着した。しかしイ警長は臓器破裂と過多出血で午前10時10分に死亡した。

中国漁船の取り締まり過程で海洋警察隊員が死亡したのは、08年9月に全羅南道(チョンラナムド)可居島(カゴド)海上で違法操業中だった中国漁船を検問し、鈍器で殴られ海に落ちて死亡した木浦(モクポ)海洋警察のパク・ギョンジョ警衛(当時48歳)に続いて2人目となる。

中国漁船がますます凶暴化・知能化している。10余隻をロープでつないで集団で抵抗する連環計を使ったりもする。先月28日に忠清南道泰安郡(チュンチョンナムド・テアングン)格列飛列島の西側24マイル海上で拿捕された100トン級中国漁船2隻は取り締まりが始まると、あっという間に「亀甲船(鉄船)」に化けた。船体の両側に1メートル以上の鉄格子とともに高さ1.5メートルの巨大な金網が張られた。

中国漁船の違法操業は絶えない。中国の海岸は汚染と乱獲で魚種が激減している。中国漁民は数年前まで主に延坪島(ヨンピョンド)・ペクリョン島沖で底引き網を使ってワタリガニを大量捕獲した。しかし最近、ワタリガニ漁が良くないため、西南側の海上に移った。秋・冬に大きく形成されるイシモチ・イワシ・サバ漁場も狙っている。

◇防刃チョッキ=違法操業中国漁船拿捕作戦に投入される海洋警察官の個人保護装具。船員が振り回す刃物や凶器から上半身を保護する。


<中国の違法操業>中国船長、防刃チョッキの保護ない横腹を刺す(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP