주요 기사 바로가기

“IT強国”韓国、ブランド品・高級家電もオンラインショッピング時代

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.12.07 10:11
0
ソウル・奉元洞(ポンウォンドン)に住む主婦キム・ソヨンさんは先日75万ウォン(約5万1647円)の洗濯機をあるオンラインショッピングモールで購入した。スマートフォンにダウンロードした専用アプリケーションで商品を探して価格を比較するとオフライン店舗より15万ウォン安かったためだ。キムさんは、「インターネットではおむつや洗剤のような2万~3万ウォン台の生活用品を主に購入していたが、ある程度信頼が積み重なり家電製品の購入に挑戦してみた。スマートフォンを使うと利用がさらに便利だ」と話した。

低価格商品中心だったオンラインショッピングの中心が「高価・プレミアム」商品にシフトしている。スマートフォンが普及し購買力を持つ壮年層以上でこれを利用したインターネットショッピングが増加しているからだ。

SKプラネットのオープンマーケット「11番街」は6日、今年販売された60カテゴリーの商品3200万個の売り上げを分析した結果こうした変化が目立ったと明らかにした。今年同社のブランド品販売は昨年より150%成長し、エアコンやテレビのような高価な家電販売も増えた。サムスン電子の製品は昨年より75%、ウィニアの場合180%の売り上げ増を示した。

インターネットショッピングモールのオークションもやはり今年のブランド品売り上げが昨年の3倍を記録した。3月にブランド品ファッション専用館「ブランドプラス」を別にオープンしたのが功を奏した。オークションは「60代以上の顧客の購買額がこの2年間で37%増えたのも影響を及ぼした」と説明した。これはメーン顧客層の30代の購買増加率の11%より高い伸びだ。

スマートフォンのアプリケーションを通じた売り上げも増加した。11番街のモバイルショッピング取り引き額は先月140億ウォンを突破した。同社関係者は、「スマートフォンの拡散でモバイルショッピングが大衆化している」と分析した。オークションもモバイルアプリを通じた売り上げが12月現在で今年1月に比べ4倍に増えた。

こうしたことを受け「低価格」の代名詞として知られたソーシャルコマースにも「ブランド品」が登場している。チケットモンスターは高級化粧品とブランド品ファッション雑貨、台所用品などを最大70%割引で販売する「プレミアムブランド企画展」を来月まで開く。英国の陶磁器ポートメリオンを13万3300ウォンで出すと6時間で売り切れ、51%割引で出されたフィッシャープライスの育児用品も早期に品切れになった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP