주요 기사 바로가기

ハンナラ党、韓米FTA批准案を強行処理…民主党「無効闘争に入る」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.23 09:00
0
韓米自由貿易協定(FTA)批准案が22日、国会で電撃的に処理された。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代だった07年4月に交渉が妥結して以来4年7カ月ぶりとなる。立法手続きが終わったことで、来年1月1日から韓米FTAが両国で発効する見込みだ。

ハンナラ党はこの日、奇襲的に本会議を開き、FTA批准案を通過させた。在籍議員295人のうち170人が出席し、賛成151人、反対7人、棄権12人だった。表決にはハンナラ党の朴槿恵(パク・クネ)元代表とともに、李会昌(イ・フェチャン)元代表を含む自由先進党議員7人も出席した。

この日午後2時から本会議場の向かい側にある予算決算委員会会議室で「予算議員総会」を開いたハンナラ党議員らは午後3時、指導部の電撃的な単独処理方針に基づいて直ちに本会議室に入り、批准案を処理した。

一歩遅れて本会議場に到着した野党議員らが強く反発したが、ハンナラ党議員らが在籍の過半を満たし、朴ヒ太(パク・ヒテ)国会議長が秩序維持権を発動しながらFTA批准案は本会議開始4分で通過した。キム・ギヒョン報道官は「国会の限界を克服するためのやむを得ない選択だった」と述べた。ハンナラ党はこの日、独占規制および公正取引法案など批准案の処理とともにFTA履行法案14件も通過させた。

民主党の孫鶴圭(ソン・ハッキュ)代表は批准案通過直後に緊急記者会見を開き、「この政権がまたクーデターをした。ハンナラ党が一方的に強行処理した韓米FTAの無効を宣言し、無効闘争を繰り広げる」と述べた。民主党は予算案処理など今後の国会日程を中断して闘争に入ると主張したことで、政局への支障は避けられない見込みだ。

これに先立ち民主労働党の金先東(キム・ソンドン)議員は本会議直前の4時8分、会議場の発言台からバッグの中に準備していた催涙弾を取り出して投げた。国会本会議場で催涙弾が使用されたのは憲政史上初めて。金議員は直ちに警衛によって隔離された。

ハンナラ党のイ・ドゥア報道官は「金議員が議会民主主義を無視し、国民に向けて催涙弾を投げるテロをした」と批判した。しかし与野党議員の間でもみ合いはなかった。

韓国貿易協会など経済団体は「韓米FTA批准同意案の通過は韓国経済史の重大な転換点」と評価し、一斉に歓迎した。一方、FTA阻止汎国民運動本部はこの日午後5時、ソウル汝矣島(ヨイド)の産業銀行前で集会を開き、ハンナラ党主導の表決処理を糾弾した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP