주요 기사 바로가기

SHINeeのロンドン公演、「ジョージ・クルーニー並みの安全対策を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.02 10:36
0
K-POPグループ「SHINee(シャイニー)」に舞台を貸した英国の劇場が公演企画者に対し、映画俳優ジョージ・クルーニー(50)並みの安全措置を要求した。

SHINeeの公演を主催した駐英韓国文化院のチョン・ヘジョン事業総括チーム長は先月31日(現地時間)、「SHINeeが公演するロンドンのオデオンウエストエンドシアターが、劇場周辺に大勢の人々が集まって安全事故が発生するおそれがあると判断し、秩序維持措置の強化を要請した」と明らかにした。

劇場側は「最近、映画試写会のため訪問したジョージ・クルーニー並みの安全対策を準備しなければ貸館をキャンセルする可能性もある」と通知した。

劇場が提示したジョージ・クルーニー級の措置とは▽劇場周辺に12人以上の専門安全要員配置▽SHINeeの劇場出入りに裏門を使用▽劇場周辺でのSHINee公演広報禁止--など。

男性5人組グループSHINeeは3日午後、この劇場で第6回ロンドン韓国映画祭のオープニングイベントとして1時間ほど単独公演を行う。英国で開かれる初のK-POPコンサートだ。

英国内の最大客席規模(800席)の劇場であるオデオンウエストエンドシアターが公演を3日後に控えて突然こうした措置を要求したのは、SHINeeの人気が劇場の予想をはるかに上回ったからだ。先月27日、この劇場のインターネットサイトで入場券の販売が開始されてから1分後、サーバーがダウンした。大量の同時接続でダウンしたのはこの劇場が初めて経験したことだ。

韓国文化院によると、その後、劇場にはチケットを購入できなかったSHINeeのファンから「サーバー不良の責任を取って入場券を追加販売すべきだ」という抗議電話が続いたという。31日のインターネット競売サイトでは、30ポンド(約3800円)のチケットが120ポンドで取引された。

チョン・チーム長は劇場側が「公演直前に職員を舞台に立たせ、『席を立つ観客はすべて退場させる』と警告する」と知らせてきたと伝えた。観覧客が舞台前に殺到して負傷者が出るのを防ぐということだ。韓国文化院は裏門使用問題はさらに協議し、他の要求事項は受け入れる計画だと明らかにした。

SHINeeは欧州に特に多くのファンを持つ。K-POPファンが主に女性であるうえ、個性を重視する欧州の文化的な特色が理由と分析されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    SHINeeのロンドン公演、「ジョージ・クルーニー並みの安全対策を」

    2011.11.02 10:36
    뉴스 메뉴 보기
    5人組男性アイドルグループSHINeeが第6回ロンドン韓国映画祭に招待され、3日(現地時間)に開幕作が上映される英ロンドンのオデオンウエストエンドシアターでオープニングコンサート「SHINee in London」を行う。写真は、昨年12月のゴールデンディスク授賞式に出席したSHINee。左側からオンユ、テミン、ジョンヒョン、ミンホ、キー。
    TOP