주요 기사 바로가기

チェ・ジウ-ユン・サンヒョン主演ドラマ、海外輸出で汚名ばん回!

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.11.01 13:52
0
チェ・ジウとユン・サンヒョンが、一足遅く“韓流スター”の威厳をアピールしている。

2人がカップルとして息を合わせたMBC(文化放送)の水木ドラマ「負けてたまるか」は、最近、アジア15カ国へ向けての版権輸出が確定するなど、海外市場から高い関心を集めている。同作は、先月20日の放映終了前の同時間帯視聴率ランキングでは最下位にとどまっていたほか、放映中の平均視聴率が7~8%だったことに比べれば飛躍的な結果だ。

ドラマは視聴率競争では惨敗したものの、版権の輸出で活況を呈しているのは、男女主人公を演じたユン・サンヒョンとチェ・ジウの存在感のためであるというのが放送関係者の共通した見方だ。ある放送関係者は「中国や日本が含まれた15カ国なら、アジアの大部分の国に版権が売れたといってよいだろう。日本ですでに確固たる地位を築いているチェ・ジウと、最近、アジア圏で名前が知られるようになったユン・サンヒョンのシナジー効果が、版権の販売に肯定的な影響を及ぼしている」と明かした。

「負けてたまるか」は、これまでMBCが販売していたドラマの平均輸出額を上回る水準で契約がなされている。これまでMBCが海外に輸出したドラマの版権の中で、最も高額だった「朱蒙(チュモン)」「善徳女王」などの1話分の価格(1億ウォン、約700万円)に迫るものだという。

これについてユン・サンヒョンの所属事務所側は「詳しい価格は明かせないが、かなりの高額でドラマが販売されている。アジアだけでなく、現在は欧州からも版権販売についての問い合わせが入り、協議中であることを承知している」とし「出演者も視聴率不振を挽回でき、喜んでいる」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    チェ・ジウ-ユン・サンヒョン主演ドラマ、海外輸出で汚名ばん回!

    2011.11.01 13:52
    뉴스 메뉴 보기
    放送中は低視聴率にあえいでいたが、版権の海外輸出で活況を呈しているMBC(文化放送)のドラマ「負けてたまるか」。
    TOP