주요 기사 바로가기

韓国軍関係者「北の核使用兆候が明確なら先制打撃」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.26 10:13
0
チョン・スンジョ合同参謀本部議長候補は25日、「敵が挑発すれば、断固たる報復で撃退し、挑発の代価がどれほど凄絶なものか、身にしみるほど後悔させる」と述べた。

チョン候補は国会人事聴聞会に出席し、「私たちはこれを実行する十分な能力があり、私はこうした能力を使う意志を持っている」と述べ、「戦争が迫って、北朝鮮が核を使う兆候が明らかな場合、必ず先制打撃をする」と強調した。

また「昨年の韓国哨戒艦『天安(チョンアン)』襲撃事件と延坪島(ヨンピョンド)砲撃挑発は、北朝鮮が実体的脅威という点を改めて刻印させる痛恨の事件だった」とし「北朝鮮は意図的な挑発を十分に準備した後、非対称戦力を活用して計画的に再挑発してくるだろう」と予想した。

チョン候補は北朝鮮の延坪島砲撃当時の対応に関し、「私が当時、合同参謀本部議長だったなら、大統領に戦闘機使用を建議しただろう」とし「自衛権の発動は挑発の原点だけに限定されるのではなく、これを支援する勢力にも適用される」と明らかにした。

チョン候補は「今後、類似の事件が発生すれば、合同参謀本部議長が大統領や国防長官と相談せずに射撃命令を下せるよう制度を改善しなければならない」という指摘にも「その通りだ」と答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国軍関係者「北の核使用兆候が明確なら先制打撃」

    2011.10.26 10:13
    뉴스 메뉴 보기
    チョン・スンジョ合同参謀本部議長候補。
    TOP