주요 기사 바로가기

国防部長官がMLRS部隊訪問…「挑発すれば3~4倍にして報復」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.03.02 09:11
0
「撃つか撃たないか尋ねず、先に措置してから報告せよ。作戦は現場で判断せよ」

国防部の金寛鎮(キム・グァンジン)長官が三一節の1日午前、西部戦線最前方部隊の1軍団を視察しながら述べた。1軍団は板門店(パンムンジョム)と臨津閣(イムジンガク)一帯を管轄する部隊だ。先月27日に北朝鮮は韓国軍当局と民間団体による北朝鮮へのビラと物品の散布を非難しながら、「反共和国心理謀略行為の発源地を直接照準して撃破射撃する」と威嚇し、代表的な場所として臨津閣に言及した。金長官は休日に随時現場を視察してきたが、この日の1軍団訪問は北朝鮮が挑発した場合には強力に対応するという北朝鮮へのメッセージを含んでいるとみられる。

金長官はこの日午前7時55分ごろ、1軍団地下壕にある指揮統制室を訪問し、北朝鮮軍の最近の動向と韓国軍の態勢を点検した。チェ・ジョンイル1軍団長は、「24時間北朝鮮軍の微細な動きまで追跡しており、北が挑発すれば自衛権次元の対応をするだろう」と話した。彼は、「北朝鮮軍の攻撃原点を打撃する」とし、「北朝鮮の予想を超える挑発に備えており、挑発するならば圧倒的戦力で対応する」と報告した。金長官は、「北朝鮮軍のすべての挑発スタイルに対し想像力を発揮し絶えず討議が必要だ。訓練を通じ挑発対応計画を有事の際の行動につなげられるように」と指示した。「作戦を施行する時は先に措置し、後で報告せよ」と言及した金長官は、「合同性次元で空軍の役割も重要だ」と付け加えた。北朝鮮が挑発すれば戦闘機で原点打撃を加えるという話だ。金長官はこの日、1軍団配下の砲兵大隊の多連装ロケット(MLRS)部隊も訪問した。北朝鮮が臨津閣など西部戦線地域で砲撃挑発をした場合、「圧倒的戦力」で報復できる火力を整えた部隊だ。砲兵部隊長は、「前方に展開したMLRSは敵の挑発時にただちに射撃する態勢を維持している。早ければ数分で対応が可能だ」と金長官に報告した。軍関係者は、「金長官のMLRS部隊訪問は、“挑発すれば3~4倍で返す”というメッセージを北朝鮮に投げたもの」と話している。

◆多連装ロケット(MLRS・Multiple Launch Rocket System)=1度に12発を装填・発射できるロケットシステム。MLRSから発射されたM26ロケット弾は空中でさく烈しながら644個の子弾を投下する。これにより、1度の攻撃でサッカーコートの3倍の面積が焦土化する。子弾が飛び散る姿を“鋼鉄の雨(Steel Rain)”と例えたりもする。射程距離は70キロメートルだ。
【今日のイチオシ記事】
・北の謝罪に言及しなかった李大統領「いつでも開かれた心で対話」
・三一節に韓日ネットユーザーが誹謗戦」
・イ・ダヘ「またがんばりたい」…苦しい心情を吐露
・新都市にランドマーク…ベトナムに“建設韓流”
・オマーンの反政府デモ、首都に拡散…韓国経済に及ぼす影響は
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP