주요 기사 바로가기

「サムスンの特許力弱くない…最後まで対応」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.20 09:22
0
米サンノゼの裁判所が18日、サムスン電子を相手取りアップルが出した販売禁止仮処分申請のうち、「公正な条件でサムスン電子の特許を使おうとするアップルの意図をサムスンがねじ曲げた」というアップルの主張を棄却した。また、サムスン電子が反独占条項に反しているというアップルの主張の一部を棄却してほしいというサムスン電子側の要請を受け入れた。9カ国30件余りの法廷紛争のうち初めてサムスン電子に有利な裁判所の判断が出されたのだ。標準特許権者は公正な条件で特許使用を認めなければならないという条項を挙げサムスン電子が申請したアップル製品販売禁止を棄却したオランダ裁判所の判断と反対になるもので、サムスン電子が勝機を確保したという見方が出てきている。

偶然にもこの日第3四半期業績を発表したアップルは予想より振るわない業績を出した。

9月24日で終わった第3四半期の純益が66億2000万ドルを記録、昨年第3四半期の43億1000万ドルに比べ54%増えたと発表した。だが、ニューヨーク証券市場では株価が7%以上下がった。証券業界ではアップルが2000万台の「iPhone」を販売したと予想したが、1707万台販売にとどまったと発表したのだ。

申社長はこれと関連し、「われわれは第3四半期にスマートフォンを2000万台以上販売したと理解する」と話し、事実上サムスン電子が第3四半期にアップルを押さえ世界のスマートフォン市場で1位になったことを明確にした。

一方、申社長は19日に香港コンベンションセンターで、グーグルのアンディ・ルービン首席副社長とともにグーグルのモバイル基本ソフト(OS)「アンドロイド」の最新4.0バージョン「アイスクリームサンドイッチ」を適用した「ギャラクシー・ネクサス」を公開した。アップルの新製品「iPhone4S」と激しい競争を行う対抗馬だ。ルービン副社長は、「アイスクリームサンドイッチはスマートフォンとタブレットPCともに作動する革新的なプラットフォームだ」と絶賛した。この日のイベント会場はサムスン電子とグーグル関係者、内外信記者たちと協力会社関係者ら500人余りで埋めつくされた。約1時間もわたり行われた新製品プレゼンテーションでは2度の拍手が溢れた。スマートフォンを当てれば情報が交換できる「アンドロイドビーム」と内蔵カメラの「パノラマ撮影機能」が好評を受けた。
「サムスンの特許力弱くない…最後まで対応」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP