주요 기사 바로가기

サムスン電子、日本・オーストラリアでiPhone4S販売禁止仮処分訴訟

ⓒ 中央日報日本語版2011.10.17 13:45
0
サムスン電子が、日本・東京とオーストラリア・ニューサウスウェールズ州の裁判所に、アップルのiPhone4Sについての販売禁止仮処分訴訟を起こしたと17日、発表した。

サムスン電子は、日本ではiPhone4SのほかにもiPhone4・iPad2についても提訴対象としている。

これは今月5日、フランスとイタリアに続き、日本とオーストラリアにも仮処分申請国家を拡大したものだ。

提訴内容は、オーストラリアの場合はWCDMA(広帯域符号分割多元接続)やHSPA(高速パケット伝送方式)など通信標準に関する特許3件、日本ではHSPA標準特許1件と携帯電話UI(ユーザー インターフェイス)関連の商用特許3件の侵害を理由に仮処分訴訟を申し立てている。

サムスン電子は「アップル社の製品が、サムスン電子の保有している特許を侵害しているため、販売が許容されるべきではない」と強調した。

また、サムスン電子は、オーストラリアの裁判所が13日に下したギャラクシータブ10.1の販売禁止仮処分判決についても控訴した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP