주요 기사 바로가기

白いスープの反乱…長崎ちゃんぽん、1位の辛ラーメンを脅かす

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.14 15:57
0
インスタントラーメン業界で‘白いスープの反乱’が始まった。韓国ヤクルトの「ココミョン」、三養(サムヤン)食品の「長崎ちゃんぽん」など、白いスープのラーメンが飛ぶように売れ、不動の1位を守ってきた「辛ラーメン」の牙城を脅かしているのだ。

ある大型マートでは今月、ラーメン商品のうち「長崎ちゃんぽん」の売上高が2位になった。今月2日には一日だけとはいえ「長崎ちゃんぽん」の売り上げが「辛ラーメン」を上回った。この日の売り上げは「辛ラーメン」に比べて22.7%多かった。「ココミョン」も8月中旬にマート販売を始めたが、1カ間で売り上げ7位まで上がった。

白いスープのラーメンの人気の秘訣は何か。韓国ヤクルト側は「さっぱりした味」と話す。

先月、月2回以上ラーメンを食べる500人を相手に調査を行った結果、「ココミョン」を食べた199人のうち、味に満足した77%は「さっぱりした味のために食べる」と答えたのだ。

女性(73%)より男性(84%)の満足度が高いのも特徴だ。韓国ヤクルト側は「インターネットなどで酒を飲んだ後によいという噂が広まり、男性の間で反応がよい」と説明した。

この調査で「ココミョンを食べたことがない」と答えた人の63%がその理由について「商品がなくて買えなかったため」と答えた。このうち89%は「食べてみたい」と答えたという。

流通業界が「生産さえ追いつけば白いスープのラーメンが業界の地図を変える」と予想する理由だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    白いスープの反乱…長崎ちゃんぽん、1位の辛ラーメンを脅かす

    2011.10.14 15:57
    뉴스 메뉴 보기
    三養(サムヤン)食品「長崎ちゃんぽん」(左)と韓国ヤクルト 「ココミョン」(右)。
    TOP