주요 기사 바로가기

市場を失望させたアップル…自信を得たサムスン(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.06 10:19
0
◇iPhone4S、何が変わったのか=外形は以前のモデル「iPhone4」と同じだ。ただ音声命令技術「Siri」などいくつかの新しい機能が加わった。ソフトウェア的な強みも変わらない。

性能と速度はやや改善された。iPad2に入った1ギガヘルツ(GHz)デュアルコアプロセッサーを使用した。このチップセットでダウンロード速度は2倍、グラフィック処理速度は7倍速くなったというのがアップルの説明だ。

カメラも500万画素から800万画素にアップグレードされた。不満事項だった撮影速度も33%速まった。アイフォーン4Sには新しい基本ソフト(OS)のiOS5が搭載された。従来のバージョンに比べて位置情報サービスなどが改善された。「iPhone4」使用者はOSをiOS5にアップグレードできる。

スマートフォン市場でアップルのライバル、サムスン電子は改良レベルの「iPhone4S」に安堵する表情だ。サムスン電子の関係者は「新しい製品の対抗馬といえるギャラクシーS2 LTEは第4世代(G)移動通信サービスに対応している。製品ラインアップもサムスンがはるかに多様」と自信を表した。

アップルはこの製品の米国販売価格を2年約定時、64ギカバイト(GB)が399ドル、32GBが299ドル、16GBが199ドルと決めた。IT専門誌CNETは「新しいiPhoneの発表の核心は価格」とし「iPhone4S発表とともにiPhone4は99ドル(8GB)で、iPhone3GS(8GB)は無料になり、エマージング市場はもちろん価格に敏感だった主流消費者とアーリーアダプターにまでアピールできるだろう」と診断した。

「iPhone4S」は14日から米国・日本・欧州など7カ国で発売する。韓国は約70カ国とともに第3次販売国に分類された。発売日は未定。

◇iPhone4Sの新機能「Siri」=アップルが新しく導入した音声命令技術。天気や株価などの情報を対話形式で受けられる。使用者が「今日は雨具が必要か」と尋ねると、iPhone4Sは「雨が降りそうだ」と答える。文字メッセージも読んでくれる。アップルが昨年買収した音声検索アプリケーション会社「Siri」が開発した。
市場を失望させたアップル…自信を得たサムスン(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP